--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

デモンズソウル卒業~

 っわけで結構前にさりげなく記事にしたPS3ゲーム、デモンズソウルですが、実はこれ借り物でして、この度友達に返したので、卒業となりました。いつ借りたのか覚えてませんが、記事をたどると7月19日にはすでに借りていたようで、3ヶ月半ぐらいですか?長々とやり続けました。こんなにハマるとは俺自身思ってませんでした。このゲームに出会わせてくれた友達に感謝です。

 で、今日はちょっと卒業記念にいろいろと書かせてもらいたいと思います。ゲームやったことある人にしかわからない内容だと思うので、知らない人にはさっぱりだと思います。暇で暇で仕方ない、とかなら読んでください。

 僕は基本的に青ファンプレイをしていました。黒ファンで侵入したり、PKKを一人で勝手に始めたりしましたが、どちらも一日しか持ちませんでした。どうも、あの、独特の緊張感が耐えられなくて。やり続けると気持ち悪くなっちゃってダメでしたね、僕には合いませんでした。

 ってわけでマルチプレイはほとんど生身か青ファンで行ったわけですが、最終的な数値はこんな感じでした。

 マルチプレイ回数:2800弱、S:81.6、A:6.0、B:7.3、C:2.1、D:3.0

 確かこんな感じ。良い評価をくれた人も悪い評価をくれた人もありがとうございました。S評価がこんなにあるのは正直自慢していいレベルだと思います。皆様の温かい評価のおかげです。

 中には、「これはSでしょ?」とか思っていたのにB評価をいただいたり、気づいたらD評価がついていたりと、ちょっと滅入った時もありましたが、それもすべて俺への評価ですしね。素直に受け止めます。「Sでしょ?」とか思ってしまった時点でちょっと自惚れてますしね。でも、B評価バグとやらがあるらしいのですが、結局そのバグ存在の有無の確証には至りませんでした。まさかB評価してくれたホストさんに、「今ご一緒した青ファンですが、僕への評価は何にされました?」なんて聞けませんしね。それで「Sつけましたよ?」って言っていただければB評価バグが存在することはわかりますけど、「あ、Bです」なんて言われた日にゃなんて返せばいいんだって話ですし。まぁ、もしも本当にそんなバグがあるなら、ちょっと何とかしてほしかったところではあります。

 話は変わって、作ったキャラの話。

 このゲームで、俺は結構な数のキャラを作りました。

 最初はもちろん器用貧乏で、次は技量剣士かな。左に鋭利刀、右に光乗せ鋭利キリジの量産型?っぽい奴。コイツで4周してトロフィーコンプしました。

 その次に知力魔力信仰のみに振って窮鼠モリでケモタリ使った超火力プレイ。コイツはかなりおもしろかったです。青ファンだったので、自分だけでオラオラ進むのではなく、基本ホストさんの後ろをついてって、自分の担当の獲物の分とか空飛んでるガーゴイルとかを一撃で葬ってね。このキャラで青ファンやってたら結構ご一緒したホストさんからメールをもらえたりして、嬉しかったですね。ちなみに、頭ターバンは視界が悪くなるので被りませんでした。

 そのあとはアンバサ。単純に近接に必要な能力と信仰を上げただけですが、それなりに長いことやりました。右に祝福北騎士剣、左に審判者か北騎士盾でしたね。ただ、このキャラをやってる途中で近接で窮鼠モリプレイをやりたいなーって思うようになりまして。アンバサだと体力が勝手に回復しちゃうから窮鼠モリプレイはしづらいんで、そういう理由から新しいキャラを作ることにしました。

 それで作ったのが魔法剣士。右に欠月エストか月キリジ、左は北騎士楯。一時期刀使いたいってことで筋力と技量を合計3くらい上げて使ってみたらあんまり使いやすいと思わなくて、折角レベル100ぐらいになっていたのにステ振り直ししたりしました。うん、刀使わないなら筋力と技量上げる必要ないしね、そう考えると無駄なステータスに見えて仕方なくなっちゃってね。まぁ、これはしょうがないです。

 考えていた窮鼠モリプレイも場所によってやってましたね。マンイーター戦では、わざとダメージくらって体力減らして窮鼠モリ発動させたりして、一人で自己満足してました。今思うと、これは思いっきり俺TUEEEEEですね。反省。あとは、坑道2の大タマムシとか城4のドラゴンとかを倒すときに窮鼠モリになって、すぐに倒したりね。こういう窮鼠の使い方は我ながらいいんじゃないかなと思います。それでタマムシ倒してホストさんが歓喜してくれた時はもう、俺も一緒に歓喜ですよ。城4のドラゴンに関しては、ちょっとホストさんがドラゴンを倒したいのかどうかわかりづらいので、ちょっとでしゃべったことになっちゃってた時もあったと思いますが、それなりに思い通りにお手伝いはできたかな、と。それ以外では窮鼠モリは使わず、フツーに戦いましたし。

 でもこのキャラ、タイ人ではあまり強くなくてですね。どう戦えばよくわからないし。まぁ、対人で弱いのはいつものことなんですけどね。それでまたキャラを作りたくなっちゃって。

 そうして最後に作ったのが上質剣士です。ただ、レベルを100に抑えるために体力は27しかなく、さらに筋力26、技量33と、あまり上質の利点を生かせないステータスとなってしまいましたが。でもこのキャラ、結構長いこと楽しめました。いろんな武器を使えるので余り飽きがこなかったんですよね。使った武器は、無銘北騎士剣、無銘エスト、無銘隠密短刀、上質クレイモア、鋭利刀、鋭利キリジ、上質ミルド、月ミルド(坑道用)、鋭利サイズ、鋭利隠密短刀、鋭利エスト、北騎士盾、暗銀盾、柴染盾とかです。鋭利が多いですけど、このうち二つはフレの方にお引越しを手伝っていただいて手に入れたもので、ほかのものの何となくマラソンを始めたら1時間で3つ出ちゃっただけです。あまり苦労とかしてないのでアレです。トロフィーコンプのために初めて純粋な刃石を手に入れた時の喜びはすごかったなぁ。確か一日三時間マラソンやって三日かかった。

 戦い方はエンチャ前提で。バグとか言われてるけどケモタリ呪いだったり松脂だったり白ベタだったり。とにかく気分によっていろんな武器を使えて、いろんなエンチャができるのがこのキャラの利点。さっき黒松脂使ってたけど今度は白ベタ使うとか、なんか通っぽいじゃん?実はただの気まぐれだけど。

 で、このキャラで近接窮鼠モリの楽しさを知り、窮鼠モリをしたりしなかったりで10周以上しました。うん、このキャラが一番周回しましたね。周回するときは大体ミルド、やっぱ強ええもんね。リーチもあるから窮鼠モリプレイにはうってつけ。嫌われてるけどそんなの知るか。ミルドに呪いや白ベタエンチャしたときのあの美しいフォルムは最高です。

 あと、周回の途中で筋力30にして竜骨砕きを装備して窮鼠モリ呪い竜骨砕きをやってみましたが、半端ないwww これはホントに半端ない。もう笑うしかない強さ。審判者一撃、勇士二発、偶像二発、つらぬきの騎士も確か二発。マジでボス戦が楽しくなりますwww もちろんこれは自分が一人で周回するときしか使いませんでしたけどね。竜骨恐るべし。でも俺は竜骨砕きの重さがネックで、結局竜骨は使うのはあきらめて筋力26にステ振りなおしました。上質剣士だとエンチャ用のアイテムはもちろん、いろんな武器を持ち歩きたいのでね。正直重さ20は他を圧迫しすぎました。ただ、一度はやってみると面白いですよ窮鼠モリ呪い竜骨砕き。オーラントにそれで挑んで最初のダッシュ切りくらって大失敗したりしますけど。

 遠距離には粘質な複合ロングを使いましたね。周回中は窮鼠モリでを使って潜むものとかマンイーターの一匹目とか倒したりしました。潜むもの、俺、一人だと俺勝てないんですよ。マジで何度もハメ殺しました。マンイーターは気分によって、殺したりそのまま中に入ったりしてました。

 結局このキャラで白の矢をカンストするまで集めようとしていたときに止めちゃいました。

 キャラに関してはこんな感じです。全キャラ合計プレイ時間は600~800?時間ぐらいですかね。本当に楽しみました。

 マルチプレイでの楽しい出来事、面白い出来事も山のようにありました。城1のミラルダの梯子のところで黒と登ったり降りたりしたり、谷2でひたすら救済してくれるホストさんと青さんに会ったり、スパイクだけで突き進む青さんに会ったり、もう一人の青待ちのホストさんにパリィモーション見せたら期待通り攻撃してきてくれて「ゴゥッ」ってなったり…。今すぐには思い出せないけどもっともっとありました。もちろん、もっと些細なこと、たとえば最初の一礼が完全にタイミング一致したり、NPC黒ファン倒した後の歓喜が一致したりね、そういうことがあっただけでも楽しかったです。

 と、いろいろだらだらと書いてきました。まだまだ書き足りないことはありますが、気が向いたら後日書くことにしましょうかね。気が向いたらw しかしまぁ、今日はとりあえずこの辺で終わります。いい加減寝ないと明日ヤバいし。

 ってわけでお疲れ様でした。ありがとうデモンズソウル。さよならデモンズソウル。もしベスト盤か続編が出るなら俺は絶対買うよ!っていうかベスト盤出せよ!こんだけ売れたんだから。
04:58 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
おかしい。この記事を書く前はサカつくはスルーするつもりだったのに・・・どうしてこうry | top | サクラ大戦2ミニゲーム さくら・クイズ・大富豪編

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tonimokakunimo1892.blog73.fc2.com/tb.php/264-eae58911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。