--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

織姫のミニゲームは地味に面白い。地味だけどね。織姫のくせに。

 相変わらずちまちまとやってます。といってもまだ4話を終わったところですが。

 なんていうかね、何度も言うけど、ロードがね…ホントに、これに尽きますね。もうロードを早くしてくれるんだったら立ち絵の変更やCVも要りませんよ。いや、なかったらそれはそれでヤだけど。でも、そう思ってしまうくらい酷い。ちょっとしたロードの間にパソコンの画面をちょくちょく見たりしてちょうどいいぐらい。

 あと、これはよくわからないんですが、セリフによって声の大きさが違う?っぽいです。あるセリフは大きく聞こえ、別のセリフは小さく聞こえる……。これは何なんですかね。GAみたいに移植の際に付け加えたセリフなのかと思いましたが、そういうシーンでもない。っていうか、移植して追加した要素とかあるのかな?マジでこれはよくわかりません。しかし少なからず不快です。あー、何かこの出来だと二週目はあまりやる気が起きそうもありません。

 さて、グチしか言うことねぇのかといわれるとアレなので、別の話を。

 4話の戦闘パートでは山口ってジイさんの乗った車を護衛しなければなりません。彼の乗った車が一定エリアまで到達するのをサポートしろというわけです。その一定エリアっていうのが敵のごろごろいるルートを通らないといけない場所でして、そいつらを排除しなければなりません。今回は以前話したような、民間人のような扱いではなく、ちゃんとユニットとして車が存在します。体力は100ちょいだったかな?敵の攻撃3発受たら死ぬくらいです。

 で、頭脳明晰で知略家で策士な俺は考えました。

 この車が目標ポイントまで到達するためには敵の密集エリアを通過しなければならない。その上、高台には敵の狙撃兵もいる。だが、全力でそちらに当たっては、もし敵の増援が後方から来たら車を援護できない。ここはまず、部隊を三つに分けよう。高台には段差に移動範囲を左右されないアイリスと今回の話の主役で能力が上がっていて遠距離攻撃のできる紅蘭を、後方支援には織姫とレニを、残りを前方の敵に集める。予定進行ルート上の敵を殲滅した後、車を速やかに目標ポイントへ移動させる。

 完璧です。話が布陣に一切の隙無し!我ながらほれぼれします。今度からHNを孔明にすることも検討しようかと思うぐらいです。

 さて、戦闘が始まりました。

 まずはサクラなどを前に出し活路を見出そうとします。しかし、敵もなかなかの数。1ターンではとても倒せません。しかたがありません。ここは左からの敵の増援に備え本来前方に置くべきキャラを進行ルートの左側に置くなどして様子を見ます(右側は崖になっており、アイリスと紅蘭が登って行ったので大丈夫)。後方には予定通りレニと織姫を配置。敵部隊が真正面に突っ込んできてくれればそこで必殺技の嵐をお見舞いしてやります。

 なお、車はCPU扱いで、こちらから操作できません。まぁ1ターン目はテキトーにちょろっと申し訳程度に動いただけでした。

 そして敵のターン、予想通り前から正々堂々と数機やってきてくれました。ここぞとばかりに叩く我が部隊。この調子でいけば割と楽にこのステージはクリアできそうです。

 と思った矢先、何を血迷ったか車が布陣を追い越し敵の目の前に!

 ちょっと!!!wwww マジで叫びましたよ、思わず。勇敢過ぎるだろwww 案の定ボコられる車。もうね、マジでね、何事かと。アレですよ、後方支援とか全くの無駄でしたよ。むしろ車が予想よりもたくさん進んでくれちゃったせいでレニと織姫は1ターンじゃフォローにすらいけない状況ですよ。

 ホント、これはゲームオーバーを覚悟しました。戦闘スタート時からやり直しができるので、そうしようかと思うぐらいです。この車、次のターンにはより敵の真ん中に突っ込んでいくことでしょう。もちろん1ターンじゃそこまでの敵を殲滅できませんし、そこよりさらに奥にいる敵が移動してきたらハチの巣にされます。

 まぁクリアできたんですけどね。仕方なしにダメもとでやってみると、どうやら敵のAIが車を優先的に狙うってことはプログラムされていないようで、フツーにそばにいた花組のメンバーを狙ってくれたので車は最初の一回以外ダメージを受けることなく、敵のど真ん中を突っ切って目標ポイントへと到達しました。

 ……まぁ、俺がリセットせずに済んだのであまりとやかくは言いたくはありませんが、護衛対象が敵陣に突っ込んでいくとか、その護衛対象(これがやられたらゲームオーバー)を優先的に狙わない敵とか、戦闘パートのCPUのAIはちょっとバカ過ぎやしませんか。

 にしても紅蘭の過去の話はなかなか良かったです。アニメでもこの過去は語られてましたね。アニメでは思わずあの話で涙した俺ですので(えー)、今回の話は結構おもしろかったです。あと、マリアの登場の仕方がかっこよかったです。でもって敵役が見事に敵役でウケました。一般市民をゴミ呼ばわりするあたり、コイツは会心せずにあっさりとぶっ殺されるパターンですね。まぁ、サクラ大戦では改心した敵キャラなんていませんでしたが。……これからもいないんだろうなぁ。

 まぁこんな感じでやってます。現在GAと同時進行でやってるので進めるのが見てのとおり遅いです。しかもGAの方の記事も書かないとだからすごい大変です。GAは結構な時間プレイしても記事にするようなことは少ないのでその辺は楽ですが。サクラ大戦は一日に1話くらいがちょうどいいかもしれませんね。

 それにしても今更ながら、復活したくせにあっさり死んでまさかの1話限りの捨てキャラとなった前作のラスボス、サタンには同情を禁じ得ない。
04:50 | サクラ大戦2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大富豪でCOMは、出せるカードがあるのにパスとかするのかな? | top | 短いですが、珍しくウイイレの話を

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tonimokakunimo1892.blog73.fc2.com/tb.php/222-6eee9b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。