--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

クリスマスイブを微塵も感じさせない一日でした

 やっぱ明石家サンタはおもしろいですね。CWCで評価がガクっと下がっても、この番組見るとやっぱおもしろいなぁってなるんですよね、さんまって。笑いに限って言えばやっぱり良いです。まぁ、俺が見始めたのは2時からなんですけどね。え、それまで何してたかって?やだなぁ、そんな野暮なこと聞くなよ。今夜はクリスマスイブですよ!することと言ったらひとつしかないでしょ。そう、ウイイレ!

 ……はぁ、流石にイブにコントローラー握りしめてプレミアリーグのユニフォームエディットをするとね、ちょっとね、クるものがあるね。

 でもおかげで数時間かけてプレミアユニのエディットは終わりました!頑張った俺!これで心おきなくウイイレできるぜ!実はリーガもライセンス取ってるの一部しかなくて結構な数をエディットしなきゃいけない気がするけどそんなの関係ねぇ!っていうかやってられっか。



 あー、そういえば今朝見た夢が結構面白かったんですよ。で、その夢を何気に覚えてるんでちょっと書くとですね。

 登場キャラはひぐらしのなく頃にの面々。と言っても魅音と詩音とレナと圭一ぐらいだったんですけど。でもって、俺は圭一なわけです。わかりますかね、そのキャラになりきってるというか、そのキャラとして夢で生きているっていう感覚。

 で、俺はまず魅音と一緒に山の上にある温泉だか何だかの施設に行きます。で、その施設の中に入ったらふと、忘れ物をしたとかで俺だけ山を降ります。で、山を再び登ろうとすると、ある地点で犬(サイズや種類は普通に犬の散歩とかで見かけるレベル)に襲われます。なんで襲われるのかっていうと、どうやら、その犬は普段から道を守っているんですが、土地の者の声がないと人を襲うんです。雛見沢の住人が「やめろ」とか「おとなしくしていろ」とか言わないと、部外者を襲っちゃうんです。で、俺は行くときは魅音がいたから事なきを得たんですが、今は魅音がいないので襲われるわけです。一度山から下りる時に何故襲われなかったかっていうのはよくわかりませんが、下るのは別の道だったと思います。でも登るのは犬がいる道だったわけです。

 で、俺はその犬と戦います。どっからか細長い木の棒を持ってきて、棒術を使って戦います。噛まれるとか、そういったことはないんですが、一方的というわけでもなく。結構な勝負を繰り広げます。

 そして気がつくと登場人物が勢ぞろいで山の崖(よく、アクション映画とかで壁に沿って歩いてるんだけど、足場が崩れてきゃーっ!とかなりそうな崖)で横一列になってみんな座ってます。で、詩音が魅音に何か言って、魅音が赤くなって下を向きます。で、そこですかさず俺が何かを魅音に言うんですが、魅音がますます赤くなって~。

 みたいな話でした。正直何を言ったのかは覚えてないんですが、何言ったんですかねぇ。確か、「それは俺も気になるな、なんだったんだ?」みたいな感じだったと思います。ちゃんと口調が圭一になってますね。詩音が魅音に何を言ったのか気になります。これは今夜の夢に期待するしかないですね。ちなみに赤くなったときの魅音はデフォルメされてました(SD化っていうのかな。顔だけ)。我ながらそういうところはアニメっぽいなと思いました。

 にしてもなんでこんな夢を見るんですかね。俺は別にひぐらしで魅音が好きとかじゃないんですけどね。いいキャラだし、かわいそうなキャラだとは思いますが。むしろなぜ沙都子が夢に出てこなかったのかと問い詰めたいぐらいです。誰にだ。



 そういや、飯島愛さん……マジっすか。この話題を知ったのが2chで、「また変な釣りがはやってんのな」とか思ったら実話でして。正直、ちょっと「うわっ」てなりました。なんていうんですかね。今まで、長年慕われてきた人とか、活躍してきた人とかが亡くなったりすることは多々あったと思うんですが、そのほとんどが俺の知らない人、俺の世代じゃない人だったわけです。だから、そういった訃報をテレビ番組とかでやっていても、「へぇ」ぐらいにしか思わなかったんです。むしろそれ以上どう思えと?って感じでした。まさに「知らんがな」みたいな。酷い話ですが、俺がそう思ってきたのは事実です。筑紫哲也さんのときはちょっと違いましたけどね。テレビでもちらほら見かけた方だったので。

 でも、今回は飯島愛さんなわけです。すげー見たことある人です。俺の知ってる人です。テレビに出てた人です。そんな人が亡くなった。うわぁって感じです。妙な気持ちです。当たり前にテレビに出てた人がいきなりこの世からいなくなったわけです。まぁ引退してたわけですが。

 なんていうんですかね、とにかく、俺が言いたかったのは、今までの訃報とは違った感じ方を俺がしたってことです。それだけです。よくわかりません。よくわからないままこういう言葉を使っていいのかわかりませんが、ご冥福をお祈りいたします。
06:14 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ゆめにっき | top | 最近アニメの話をリアルですることに抵抗が出てきた(我ながら良い傾向だと思う)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tonimokakunimo1892.blog73.fc2.com/tb.php/180-1ba666e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。