--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

そういやナイトメアオブナナリー買ってきたよ!全巻即行で積んだよ!

 おひさっ!ギアスの感想書くのめんどいっていうかR2にいたっては見返してもいない状況で更新するとか舐めてるよなぁとか思って放置してたら結構な期間が開いちゃいましたが皆さんお元気ですか。俺は元気です。

 そんなわけでテキトーにギアス感想。さっきも言いましたがR2見返してないので「は?お前何言ってんの?頭沸いてんじゃね?」とか思ってもスルーしてね。ネタばれ多分に含むので続きは↓の「続きを読む」をクリックだ!今更ネタばれも何もないけど。

 ※メッチャ長くなったんで、暇で暇でしょうがない時にでも読んでください。

 結論から言って、結局ルル死んだの?って話ですが、まぁ個人的見解からすれば「生きてる」かなぁ、と。正直見たい人の多くが「あぁ、こら死んだな…」と思わせるような展開でしたが、俺は生きてると思います。というか、最終話を最初から「ルルが必ず生き残る」という見方でしか見てなかったんですよ。

 ルルがスザクに刺されてからも「はいはい、どうせ生きてんだろ?」とか思ってました。C.C.を笑って死なせる?とかっていう約束もありましたし。なんだろ、ここら辺かなりH2Oにだまされたのが効いてるんでしょうね。最後の最後でルル生きてるとこ写して終わりなんだろハハン?って感じでした。エンディングに入っても「さぁ来るぞ来るぞ」って感じでCパートを待っていたんですが、現われたのは「ありがとギアス」だけ……。ちょ、マジで終わったの?え、ウソ?って感じでしばらくチャンネルそのままで見てましたよ。しかしどうやらホントに終わった模様。おいおい、これじゃあまるでホントにルルが死んじゃったみたいじゃないか!C.C.との約束はどうするつもりだ!

 そんなわけでいろいろ考えたんです。某掲示板とかの意見も見て。で、一つの可能性に至ったわけです。

 ルルがコード所有者だったら?

 ルルがスザクに刺された感じでは、普通は死んでますが、実は「ルルがコード所有者」だったら?なら死にません。ナナリーがルルに触れた瞬間にルルの記憶がナナリーに流れ込んだシーンがありましたが、まさにあれはコード所有者のC.C.がよくやっていたシーン。正直あのシーンさえなければ俺もルルは死んだんだなって思っていたと思います。逆にあのシーンがあったから俺はルルが刺された後、エンディングに入った後もルルの生存を疑いませんでした。オレンジがゼロ(スザク)をさわやかにスルーしたのも、「ルルーシュはもう不死身だから死なない」っていうことをわかっているのなら理解できます。だってマジで殺されるのならあんなさわやかな顔しないでしょ。泣かないにしても苦痛、悪くとも堅い真剣な顔になると思います。

 そこで今回はルルがコードを受け継いでいたとして、その過程はどうなっていたのか、を考えてみます。

 まず思ったのが、C.C.がルルにコードを空白の二カ月の間にあらかじめ渡しておいて、実はスザクに刺されても余裕っすスってパターン。

 これならC.C.はもう死ねる体になるから彼女との約束を守ることができます。思えばC.C.が最後のシーンで祈っていたのはまさに教会。C.C.がシスターからコードを受け継がされた場所。これを重ねたんじゃないかって考え。

 ただこれは、「じゃあなんでスザクやC.C.は泣いてるの?」「あれが演技だとしたら物語の締めとしてあまりにアレじゃね?」とか意見があると思います。ルルの死にざまも、あれを演技とするにはややきついような気がします。

 では一つ一つ解決していきましょう。C.C.が泣いているのは「死よりも辛い不死のコードをルルに与え、自分だけ自由になってしまった」ってことによる申し訳ない気持ちかな。スザクが泣いてるのは、「C.C.がルルにコードを渡した」っていう情報を知らされていなかったから、とか?理由はわかんないけど。オレンジは知ってたけど。

 何かどうもしっくりきません。そこでもう少し限定的な仮説を立てます。

 C.C.はルルにコードを「勝手に」与えていて、それを知っているのはC.C.本人とオレンジだけ

 これなら少しはすっきりします。ただこの場合、ルルはスザクに刺されてはじめて死んだわけで、それまではギアス持ちでしかなかったことになります。つまり表面的なコード持ちではなかったわけです。となるとナナリーがルルに触れた瞬間に流れた映像はなぜ?ってことになります。これを解決するには正直今までの情報だけでは無理なので、ここで俺の憶測を言わせてもらいます。

 「コードを与えられた人は一度死ぬまではただのギアスユーザーとして生きられ、一度死んで初めてコード持ち(つまり不死)となる。」

 「C.C.がたびたび起こしていたフラッシュバック的なものは、コードを与えられたものは一度死ぬまでは意識的には使えないが、一度死んでいなくても、無意識のうちに相手に記憶を送ってしまうことがある」

 この二つです。ぶっちゃけこの二つがないと今後の話はきついです。ただまぁ、C.C.がコード渡された時はシスターに一度殺されたっぽいし、シャルルも一度自分で頭撃ってます。一つ目の仮説は十分にありうるのではないでしょうか。二つ目は完全に憶測ですが。

 でも、この二つがあったとしても、先ほどの仮説はややきついですね。「C.C.が勝手にルルにコードを押しつける」っていうのがきつい。さすがにそこまで魔女じゃないでしょ。

 ってことはやはりさっきの仮説は違っていたと考えるのが妥当ですかね。ではどうするか。ここで新たな仮説を立てます。そしてこの仮説が俺の今の意見であり見解です。

 実はシャルルがルルにコードを渡していて、ルルは最初から死ぬつもりだった

 シャルルが消える前、ルルと激しく言い合ってましたよね。あの時にシャルルがルルにコードを渡していたんじゃないかってことです。ルルのいうことにシャルルは納得しないで消えていったわけだから、シャルル的には「ええいこの若造が!お前が正しいというのならば見るがいい、人の業を、死ねない体でいつまでも!そして理解するがいい!己が間違っていたと!」みたいな感じですかね。ぶっちゃけあのシャルルがあそこまであっさり死ぬっていうのもちょっと変かなって思うし。まぁこの仮説を考える前まではシャルルがルルにコードを渡していたなんて考えもしなかったんですけどね。

 これだとルルもスザクもはじめからゼロレクイエムでルルが死ぬと考え、それが成功したわけだからおかしなところはありません。C.C.は同じコード所有者として、ルルが潜在的コード持ちになったことは知っていたわけで、それをオレンジに伝えていたとすれば、オレンジがさわやかにゼロ(スザク)をスルーしたのは納得がいきます。ルルとスザクに伝えなかったのは彼らの意志を優先したためでしょうか。

 で、スザクに刺されて死にかけのルルはナナリーに触れられ、潜在的コード所有者ということで、無意識のうちにナナリーに記憶を流してしまう、と。完璧だ。

 そしてしばらくしてオレンジによってルルが安全なとこへ連れて行かれ、そこでルルは目覚める、と。そしてC.C.と話し合って、今後決める、と。個人的にはルルとC.C.は別行動していると思います。C.C.はおそらく自分の故郷とか見に行ったんじゃないでしょうかね。ルルは…わかりませんが、自分がぐちゃぐちゃにした世界を見て回ったりするんじゃないでしょうか。自分がやった罪を。でもっていつの日か、ふと再会して、約束を果たすなりするわけですよ。ほら、Continued Storyの歌詞にも「いつかまた会おう 生きてる限り」ってあるじゃないですか。そうなるわけ。

 こんな感じです。正直ルルを死なせるのはC.C.があまりにもかわいそうですよ。今まで何百年も一人で生きてきて、またこれからも一人で生きていかなきゃいけないなんて。

 以上、ルルの生死についての俺の考えです。皆さんはどう思ってるんですかね。気になるところです。

 まぁ、死んだっていう人の考えとしては「ルルが死んだとするならすっきりする」「主要キャラ(ユフィ、シャーリー、ロロ)が死ぬ時にできていた目の隈がルルにあった、だからルルは死んだ」とか、そんな感じですか。ただ、一応俺の意見ではあのときルルはきちんと一度死んだわけで、隈については納得してもらえると思います。逆に、死んだとするならルルにナナリーが触れたときにナナリーが見たあの記憶をどう説明するんですかね。演出って言われたら返しようがありませんが。

 こっからはギアスの感想をテキトーに。

 このアニメってさ、ほんと、ご都合展開が多すぎると思うんですよね。R2の扇の豹変ぶりとか酷かったじゃないですか。ゼロを信じろとか言ってたやつが何でいきなりあそこまでキレるのか。あと、オレンジとか、R2に入って株上げたけど、一期の最初の頃はヤバかったじゃん。ナイトメアに乗って無差別に日本人殺しまくってたじゃん。まぁそれを言うと、それを命令したクロヴィスが一番悪かったってことになるんですけど。あいつが「ゲットー殲滅しろ!」とか言わなけりゃルルもふっ切れたりしなかったと思うし。

 シャーリーもなぜ殺されたのかわからん。その後の流れの中で、シャーリーを置く場所がなかったからとりあえず感動させるのも兼ねて殺しておこうとか、そういう簡単な気持ちで殺されたような気がする。平和になった世界だと居場所の無いディートハルトを殺したのも、ねぇ?

 キャラも出てきたのに特に何もせずに死んでいったりするし。モニカとかなんだったんだよ。ギネヴィアとかカリーヌとか、いらなかったじゃん。特に意味不明だったのがジノ。こいつ何のために出てきたのかわからない。どういう意志のもと、シュナイゼルの意見に反対し、どういう考えでルルを討とうとしたのかさっぱりだ。オープニングのあの真顔も何のためのものなんだか。

 でも一番酷いのはユフィのとき。ユフィが銃持って日本人殺しに行こうとするのにルルは「待て!」っていうだけでその場で取り押さえないし、すぐに追わないし。あそこにいたブリタニアの兵たちは馬鹿ばっかだし。ユフィがダールトン撃った瞬間にユフィの乱心だろうが。すぐに取り押さえるなり気絶させるなりしろよ。何もしないどころかそいつの命令に従うとかわけがわからない。挙句どさくさにまぎれてスザク殺そうとするし。グラストンナイツのうち誰か一人でもあの場にいればあんなことにはならなかっただろうになぁ。あいつ等は頭切れそうだし。ルルも結局ユフィ殺すし。「これが…せめてもの…」じゃねぇよ!なんだよせめてものって。償いか?んなわけねーだろ。ルルほど頭切れるならユフィ気絶させてその間にC.C.に新しく誰かルルに従順なやつにギアスを与えさせて(能力はルルと同等のもので)そいつがユフィに「記憶忘れろ」なり「日本人殺すな」なり命令させればいいじゃん。それができないにしても少なくともC.C.に助言求めるまで殺すなよ。お前の初恋の相手だろ?助ける努力をしろよ。お前が何とかしろよ。ここら辺ホント酷いと思うわ。ルルの優先事項が謎。変に頑固なんだよなぁこいつ。

 ここまでくるともはや、ルルが何もしなかったほうが良かったんじゃないかとさえ思えてくるし。ナナリーもお兄様と一緒ならそれでいいとか言ってたし。ユフィもシャーリーも、多くの一般人も死なずに済んだし。

 あぁ世間じゃいろいろ言われてるけど、扇は生きてて良かったと俺思いますよ。ヴィレッタもそうだけど、生まれてくる赤ちゃんにお父さんがいないのはかわいそう。

 にしても、扇も死亡フラグをことごとく無視したけど、シンクーは一体なんだったのか。死ぬ死ぬ詐欺とかギャグかと。こいつとの戦い、中華連邦編でかなりの話数割いたのに、仲間になってからは大したことやってないし、シュナイゼルにまんまと操られるし、なんだったんだよマジで。

 そういや、C.C.がマオを殺すときに「先にCの世界で待ってろ」とか言ってたけど、ギアスユーザーって死んだらCの世界にいけるのかな。

 まぁこれくらいですか。テキトーにだらだら書いてみました。言い忘れたこととかあったらまた今度書きます。読み返してないので誤字脱字酷いと思いますがご了承ください。

 あっ、ルルが(公の舞台からは)いなくなったんで神楽耶は俺がいただ(ry
04:58 | 日記 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
書くことないよ | top | 00第1話は録画という方向で落ち着きました

Comments

#
長文エントリーに対して長文コメです。
さらっと読んで思ったことを。。。

近代以降のアニメ、(具体的にはエヴァ以降)の特徴でよく言われているのは、「キャラ重視」されているということ。キャラが重視されてるというのは、例えば、同人みたいな二次創作とか、「○○は俺の嫁」っていう決まり文句が使われるみたいに特定のキャラに没入してるということ。つまり、アニメのストーリー(大きな物語)よりも、そういった個別の「小さな物語」が積極的に享受されてるわけです。
しかし、ギアスはキャラがそこまでフィーチャーされてないという印象を持って、他のアニメに比べても異質だなって思ったのだけど、その点についてはどう思う?

個人的には二つ答があって

A,ストーリーが確立しているからキャラが前面化する余地がない、キャラがストーリーに完全に取り込まれている。

B,比較的「萌え」の要素が少ないからそれほどキャラ重視されてない。


今回のブログ記事読んでもキャラの個別性よりもストーリーが言及されているからやっぱりそうなのかな~とか思ったりして。

グダグダ書いてしまってわかりづらくてすまない。要するに、コードギアスはあまりキャラが重視されていない点では、最近のアニメの中ではちょっと変わってるんじゃないのか?っていう意見です。



もっと某掲示板をチェックしとけばその辺の流れというか、享受の形態も把握できたかも知れんのだが、いかんせんネットでの視聴からTV放送に追いついたのがラスト5話くらいからなんでw
by: 清水寺 | 2008/10/20 23:30 | URL [編集] | page top↑
#
暇な授業の時に読ませて頂きました
なんというかすごい!
ここまでは考えていなかった!って点がいくつかあります
隈とか全くきづかなかったし…

とりあえず恭介さんもギアス大好きということが改めてわかりましたw
by: shuz | 2008/10/22 00:00 | URL [編集] | page top↑
#
 お二方ともコメントありがとうございます。そしてこんな亀レスですいません。

 >清水寺さん
 そんな考えでアニメを見たことがなかったからよくわからないっていうのが本音です。とりあえず清水寺さんのいう、キャラ重視のアニメとストーリー重視のアニメっていうものの例をいくつか出していただければ、答えやすくなると思います。具体例があればそれに沿った答え方ができるかと。その方が書きやすいでしょうし、いろいろ指摘しやすいでしょうし。僕が見たことないアニメだとどうしようもなくなりますけど(笑)
 あと、ギアスに関しては「ストーリーを確立させようとしたけどキャラの心情が描かれなさ過ぎで行動と動機がかみ合わない、キャラが脚本家の思うがままに動かされている 」って感じのA´かな、と。なんていうんですかね、「アニメの中のキャラ達が物語を動かす」のではなく「アニメを作ってる奴らが、これをこうしたいからこいつにこんなことさせようって考えて脚本書いてる」って感じちゃう点がいくつかあるんです。まぁでも、ギアスの感想を一言でいえば、「おもしろかった」になるんですけど。
 こういう議論っておもしろいですね。機会があればもっとしたいな。

 >shuzさん
 と言ってもらってうれしいのですが、ここに書いてあること全部が僕オリジナルの意見ってわけじゃありませんからね。いろんな人の意見を見て、それをパクったりしながら「自分なりのギアスのラスト」を妄想しただけです。
 確かにギアスが初めてですかね、こんなにその後のストーリーというか、ラストがどうなったのかを考えたのは。というのも、今まで自分がそういう、最後は結局どうなったのかは視聴者に任せるってアニメをあまり見たことがありませんでしたから。
 ちなみに僕はギアスが大好きというよりも神楽y(ry
by: 恭介 | 2008/10/27 01:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tonimokakunimo1892.blog73.fc2.com/tb.php/152-c099cd05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。