--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

マイクとギアスの話。

 ってことでマイクを買おうかなって思ってるんですけど、いまいちどれがいいのかわかりません。

 まず、マイクの種類はヘッドセットタイプとスタンドタイプの2種類があって、そのどちらにしようかっていうので悩みます。ヘッドセットタイプっていうのは要はイヤホンも付いてるよって感じのもので、スタンドタイプはラジオとかで使うような、ただマイクがあるだけのものです。

 普通に考えたらスタンドタイプでいいんですが、ヘッドセットタイプのほうがいろいろと便利かなーとも思ったりして。いや、スカイプとかこれを機に使うようになったらいいんじゃない?とか考えましてね。まぁお話しする人なんていないんですけど!ですけど!

 で、問題はヘッドセットタイプのコードの長さでして。自分はヘッドフォンをしてゲームをしているんですが(録画するときは)、ヘッドセットタイプの出力端子をテレビに、入力端子をパソコンに接続して、ゲーム音を聞きながらパソコンに声を録音するっていうのを考えているんですが(そもそもそういうことができるのかわかりませんが)、入力端子と出力端子の2つのケーブルの長さがどれくらいなのかが問題です。僕の家ではパソコンとテレビがあまり近くにないので二つを同時に接続できるくらいの長さがないといけません。それができないとなると、ヘッドセットタイプの入力端子だけをパソコンにつなげて、出力端子は放置。ゲームの音声は今家にある別のヘッドフォンで聴くというすさまじいことになり案す。ヘッドセットのヘッドフォンと、それとは別のヘッドフォンを同時に使用。ヘッドフォンが壊れそうです。それ以前に耳がやばくなります。それならゲームの音声はヘッドフォンではなくテレビのスピーカーに任せればいいのでは?って話になってくるんですけど、それだとヘッドセットのマイクがゲームの音を拾ってしまいそうで怖い。

 とか考えてたら一向に話が進みません。う~ん、どうするべきか。明日電化製品店に行って実物を見るなり店員に聞くなりしてみるか。でもそうするとネットとかでの使った人の評価がわからないまま商品を買うことになってしまい、ノイズとか音質とかの問題があるのかわからないんですよね。まぁ高い買い物ってほどのものじゃないんで(価格は1000~3000円くらい?)、ダメなら買い直せばいいって話なんですが、それでもそんな面倒なことはしたくありません。

 っつーわけで詰んだ。いいアイデアが浮かばなかったら、明日お店行ってこようと思います。



 で、今日のギアス。

 咲世子さん生きてましたね。っつーかあそこにいた兵士たち、誰か介抱しろよ(笑) そしてナナリーが生きていた理由は脱出艇がダミーとのこと。んならローマイヤはどうしたよ(笑) でもってシュナイゼルが本領発揮。コーネリアをバーン。コーネリアは死んだ?でも、コーネリアを(シナリオ的に)生かしていたことがここでも生きるわけですね。最初はゼロやギアスのことをシュナイゼルや黒の騎士団に教える伝達役、今度はシュナイゼルの行動に「部下は誰も不信感を持たないのか?」っていう視聴者の思いを代弁。都合のいいコマでしたね、シナリオライター的には。ギルの想いは今どこに。

 でもって話は進み、藤堂と千葉はやっとこさ結ばれた?(「この戦いが終わったら…」的なことでなければいいけど)とか、扇お前いつの間にヴィレッタ孕ませんてんだよ!とかニーナは何作ってんの?とかなんか色が微妙な新しいナイトメアが出てきたなぁとかいろいろありまして。いよいよシュナイゼルとルルの直接対決。まぁそこでもいろいろあったけど、とりあえず玉城いいわ~。扇を助けたシーンはかっこよかったです。扇が助けるに値する人物かどうかは別として。まぁ、蓬莱島ではヴィレッタとお腹の子供が待ってますしね。ってこれどう考えても死ぬだろ(笑) 最期はどうなるのか。楽しみです。

 にしてもシュナイゼルはふざけてますね。結局は自分の理想のためだろ?って話。ルルを否定しておいてやってることは変わらない。むしろ人を殺めるという意味ではルル以上のことをしてます(まぁルルも地上部隊を当然のように犠牲にしたけど)。しかもナナリーには間違った情報与えるし。ナナリーを使うなよ。交渉のカードとして妹を使うとかふざけているとしか言いようがない。それに今までナナリーを隠していたのだってシュナイゼルの思惑。ナナリーは早くシュナイゼルの本性に気付いてもらいたいです。明らかに今のナナリーはおかしい。誰か早くナナリーを救って。まぁそれ以上にシュナイゼルの攻撃のせいで神楽耶が怯えて泣いているのが問題だ。死ね、お前で死罪は三人目だ。全力で死ね。

 にしても先週の俺の予想は大きくはずれましたね。リヴァルのリの字も出てこねぇ。C.C.が俺がリヴァルに託したかった役を取ってしまいました。っつーかC.C.もさ、もう少し建設的なことは言えないんですかね。具体的というか。結局ルルが一人ですべてを背負い込んじゃってる構図になってるような。さすがにかわいそうです。

 余談ですが、スザク、そのマントダサすぎだろ(笑)

 よし、ここらで感想終了~。とりあえず次回はニーナが何を作ってるのか、どう動くのかが問題ですね。楽しみに待たせてもらいたいと思います。にしても、あのただウザいだけだったニーナがここまで大きなキャラになってくるとは、すごいな。フレイヤであれだけ人を殺しといて精神的に立ち直ったってのがなぁ。案外強い子なの?でもこの子には今作っている何かを完成させたらルルと直接話をしてほしいな。今までのことすべてを、どうするのか。ユフィのこととか。で、そこでお互いがお互いを認めたのならニーナが作った何かでシュナイゼルをボコすと。次回はこういう展開かなと予想。どうせ当たんねーんだろーけど。

 以上!
18:59 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
言いたいことは数あれど、今日のところはひとまずこれ | top | あげたー

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tonimokakunimo1892.blog73.fc2.com/tb.php/142-2304d9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。