--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

にしてもスウィート戦隊ラブシオールはねーよなw

 ってわけでちょっと前の話だけど、ランファルートクリアしたよー!

 ストーリーはベタベタで恥ずかしいにもほどがあるというか、最初のうちは微笑ましいけどだんだん鬱陶しくなるというか飽きてくるというかそういうレベルだったんですけど、まぁ、楽しみました。

 でもこれ、戦闘パートがちょい難しかったですね。っていうか最初にやったミントルートが楽過ぎたというか。

 前回の更新以降はリセットすることなしにクリアしましたけど、何かやたらと苦労したって感じ。ミントルートではここまでめんどくさかった記憶はないと思うんだけどな。まぁ俺の記憶なんて当てになりませんけど。終盤の、ランファ必殺技ゲージマックス!→アンカークロー!→敵撃破→別の敵にダメージくらわす→必殺技ゲージマックス!→アンk(ry のループは気持ちいいですけどね。攻略キャラが無双状態になって他のキャラが完全空気ですけど、そこはご愛敬ですね。

 ただ、CGもムービーも古いからなのかわかりませんがどうも気にいることができず。特に最終決戦でのあの絵はもはや作画崩壊と呼んでもよいのではと思えるほど。いや、思い出してみるとムービーは最初からそんなものだった気も。うーん、こればっかりはどうしようもないなー。

 で、間髪入れずにミルフィールート突入しました。正直このゲームも若干飽き気味なので、クリアできるかどうかは微妙なんですけど。シミュレーションパートはいいんですけどね、アドベンチャーパートがね。いい加減同じことの繰り返しだから飽きるんだよなぁ。まぁスキップ連続でテキトーにやってますけど。

 にしてもミルフィーってこんな卑屈キャラでしたっけ?アニメとはえらい違い。いや、まぁ、これはこれで、ヘヘヘなんですけどね。

 さて、そんなわけでランファルートをクリアしたこともあるし、ちょいとCGギャラリーを見てみました。

 基本、ルートを選べばそのキャラのCG欄はすべて埋まるので楽でいいですね。ミントとランファは全CGゲットしてありました。フォルテとヴァニラのCGが手に入れられないのは残念ですが、まぁ気が向いたらやればいいことですしね。

 と思ってたらギャラリーのその他のページに6枚ごっそりと抜けているところを発見。何これ?と思い調べてみるとまさかのシヴァ皇子イベントでした。おいおい、まさか男の好感度を上げなきゃとれないCGがあるとはね!しかも6枚も!皇子はまだ10歳ですよ?どこのショタ層狙いっすか。

 うーん、しかしなぁ、個別のCGが見れないのは仕方ないにしても、その他のページは全部埋めたかったなぁ。でもシヴァ皇子の好感度を上げるには最初から始めなきゃだしなぁ。

 い、いや、むしろここはヴァニラルートをやる口実が増えたと肯定的にとらえることができるのではないだろうか。ヴァニラとシヴァ皇子の両方のCGを同時に手に入れられるチャンスが来たと、そう考える方が建設的ではないだろうか。うん、そうだ、そうに決まってる。

 ってわけでミルフィールート終わったらフォルテルートやって、それでもしまだやる気が残ってたらヴァニラルートに挑戦してみようと思います。ミルフィーとフォルテのどちらのルートもスキップ機能を使えば大した時間はかからずクリアできるでしょうし。ヴァニラルートは難しそうですしね、腕が鳴ります。

 そして今週予定されていた中間テストが来週に延期されました。これはもう、ヤれという先生の心遣いなのでしょうね!先生、俺、やるよっ!
スポンサーサイト
04:22 | ギャラクシーエンジェル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

後日、熱が冷めてから読み返すと消し去りたくなること必至な記事はこちらです

 ( ゚Д゚) ……えっ?

 こんばんは、俺です。

 いきなりですが、H2Oクリアしましたー!!!\(^o^)/

 いやービビりましたね。ホントに終わるとはね。マジで文頭の顔ですよ。呟きですよ。エンドロール流れた時は「終わった……」って口に出しちゃいましたよ。

 っていうか終盤のあの手抜きっぷりは何なんだ……?いや、もともとシナリオライターはああいう終わらせ方をしたかったんだろうけど、あれは納得いかない。あそこからじゃん。あそこから物語締めるんだろ。

 と、不平だらだら考えてたらアフターストーリーがしっかりと用意されてました。しかもやってみると案外……というかかなり長い。結局数時間やったけどまるで終わる気がしません。え、なにこれ?アフターストーリー=おまけって概念が崩壊したよ?むしろこれストーリーを3部構成ぐらいにして、その真ん中ぐらいなんじゃないかと。しかもアフターストーリーの欄見ると、まだほかにもアフターストーリーあるっぽいし。

 いや、あってくれなきゃ困るんですけどね。音羽ちゃんとかひなたちゃんとかそこら辺終盤完全スルーでしたし。伏線の回収とか今んとこほぼゼロだし。とりあえずゆいの兄貴、差別・いじめの原因、音羽とひなたの関係あたりはきっちりと説明してもらいませんと。いや、アニメ見たから大まかにはわかってるんですけど。でもそのストーリーやるためにはゆいとはやみとのグダグダなシナリオのアフターストーリーを進めなきゃいけないんですよね。この二人のからみ、やっててまるでいい気がしないんですけど。冗談で言い合ってるならいいんだけど、ゆいのキャラがきつい……。

 でもアフターストーリーってことはもうあの時間には戻らないってことなんですよね。んー、俺としてはあの時期にすべてを詰め込んでほしかったなぁ。舞台も変わっちゃったし、何か雰囲気が変わって、もったいない気もします。

 まぁ、時間があればやろうかなーって感じですかね。メインシナリオは一気にやっちゃったけど、アフターストーリーはそんなに先を急ぐような話の流れじゃないし。うん、そのまま記憶のどこかに忘れちゃいそうですね。

 でもね、俺始めて思いましたね。エロ要素の要らないアレゲーもあるなぁってことを。この、メインシナリオでのラストでいきなり出現したエロシーンに俺はポカーっとなりました。あんな無理やりな入れ方するぐらいならエロなんて要らないね。っていうかあの絵柄的にエロいのは向いてない気が。うーん、こういうことを感じるようになってきたのは、やっぱ俺が成長しているからなのかなぁ。

 つっても実際は同時進行しているもう一本の方がエロ要素満さ(ry

 そんなわけで、ただいま俺ヤバいです。久々に来ましたこの感情。もっとやりたい!もっと、もっと俺にアレゲーを!みんなのアレゲーをオラに!しかも今回は以前のようにエロばかりを求めてはいません。フツーのゲームを求めています。

 まぁ、とはいっても、とりあえず今PCの中に入ってるゲームから進めるのがもっとも建設的ですよね。その中でも途中までやってるゲームならとっかかりやすそうだし。よし、この勢いだ。このテンションで一気に放置してるゲームをやっちゃるわ!

 ってわけで手始めにSHUFFLE!を再開してみたら前回のセーブデータの日時を見てさすがに引いた。
 shuffle-save

 まさかの07年……。おととし……。

 俺は少しプレイした後、そっと右上の×ボタンを押した……。

 うーん、やっぱやるなら最初っからだよなぁ。でもそういうのってテスト勉強みたく、テスト勉強頑張るぞ!→よし、教科書一から読み返すぜ!→だるっ、っていうか全然進まん、しかも眠い→寝ちゃえ!→テスト玉砕 のような、グダグダでまた途中放棄するパターンだと思うんだよなぁ。

 どうしよっかなぁ。あえてここで新しい風を吹き込ませてみるのも手かと思うんですけど。うーん。

 そんなわけで俺は深く考えつつ眠りにつこうかと思います。明日は何をやろうかな!今の俺にかかれば二、三日で一タイトル一周ぐらいはできそうだぜ!そういえば来週から中間テストが始まります。
04:45 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

前置きの長さに関しては今ここで謝りますごめんなさい

 世の中は回るものだと思います。地球の自転とか公転とかそういう話じゃなくて、時の流れといいますか。

 人は生まれ、子供を作り、その子供がまた子供を作る。周期っていうんですかね。かっこよく横文字にするとサイクル。そのサイクルの規模は大小さまざまであり、まぁ多種多様なものなんですけど。

 でね、何が言いたいかというと、それは誰にでも存在するものであり、それを他人が否定したり、軽蔑したりするのはお門違いといったものです。たとえば、とあるお菓子があったとして、そのお菓子をあなたがとても気に入り、毎日毎日食べ続けたとします。するとある日突然、そのお菓子が魅力的でなくなってしまう日が来ると思います。つまり、飽きが来たわけです。でも、それからしばらくするとまたそのお菓子を食べたくなってしまいます。そんな経験はありませんか?それこそがサイクルであり、俺がこの記事で最も主張したいことなんです。

 さて、このサイクルは先ほども言ったように多種多様であり、さまざまな大きさがあります。先の例だと数週間でしょうか。食べたいと思わなくなる日から、また食べたくなる日までの感覚です。この、食べたいと思わなくなる日をサイクルの終わり、また食べたくなる日をサイクルの再開とでも名付けましょう。

 今回の俺の場合、それは結構な長さでした。あるものは去年の10月がサイクルの終わりでした。またあるものは去年の6月がそれでした。サイクルの再開が今なんだから凄い時間です。男と女が出会って結婚して頑張れば子供がどうこう言うぐらいの時間です。

 このサイクルは、これも先ほど書きましたが、だれにでも存在するものであり、他人がどうこう言っていいものじゃありません。わかりますか。他人の口出しなどというものはそのサイクルの前では無意味であり無駄というものです。

 ……と、ここまで長々と前置きをしておけば、もう俺が今から何を言おうがみなさんは俺を何とも思わないはずです。この完璧で隙のない理論の前ではみなさんの思考など風の前の塵です。



 \(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

 ってわけでH2O再開したよー!!

 \(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/


 h2o
 (01が去年の、02がついさっきまでやっていたデータとなっております)

 いやーなついね!なついってほどやってなかったけどね!っていうか前回やった時のセーブデータから再開してみたらどうもしっくりこなくて、やっぱり心機一転よね!ってことで最初から始めてみたらプレイ時間10分で去年のセーブデータに追いついたでござるの巻。はやっ!我ながらはやっ!確かこのゲームは、アニメの最終話見る→怒涛のラスト!→盛り上がったあああ!→で、でもこれで終わり、なんだよね……→こ、この昂ぶる気持ちをどうしたらええのや!→そうだ、原作買おう、という安易な流れで購入した気候があります。なんと安易な。でもって買ってちょいプレイして満足した記憶もある……。

 まぁそんな過去はさておき、このゲームは文章が結構おもしろいのでやってて楽しいです。まぁおもしろいのは会話のやり取りで、一日終わるごとに入る詩っぽい文章はあんまり肌に合わないんですけど、その部分は流し読みすることであまり気にしないことにしています。もちろん会話だけじゃなくてSDキャラが存外にかわ(ry ってのもあるし、ほかにもいろいろと楽しませる要素はあると思います。とりあえず子分A,Bの顔に実際にA,Bって書かれてて吹いたw

 シナリオ自体もいじめの話だけど割とマイルドっていう噂だと聞いていたんですけど、まぁその通りな内容で。描写自体はすげーテキトーだし。俺はそういう免疫がまるでないのでイライラしっぱなしですけど。でもこの話、一筋縄ではいかんのね。

 以下、テキトーに大まかな流れ書きますけど、ネタばれするんで嫌な人は見ないでちょ。



 ------------------------------

 目の見えない弘瀬が田舎の学校へ転校→そこにはいじめられている美少女が!→気にせずその美少女と会話をしていると放課後、クラスの女子二名が現れて「あの子に近寄っちゃダメ!」→弘瀬「君ら、だまれ」→うはww 弘瀬様カッコヨスwww さっさといじめの元凶ぶっ叩いてこの美少女を救ってあげましょう!→が、次の日、一時的にクラスでハブられる→過去のトラウマ発動!→彼女のことはかわいそうだけどしょうがないよね→ちょww 弘瀬様ショボスwww

 ------------------------------



 とまぁ、こんな感じで。まぁこの後、彼女へのいじめと自分(のトラウマ)にきちんと向き合っていくわけですけどね。

 俺の期待した、てめーらそんなことして楽しいわけ?下らん→ごめんなさいあたしたちが間違ってたわ!→いいわ、あたしもう気にしてないし→はっぴっぴ☆ な展開にはまるでならず(そんなひねりゼロな展開だったらむしろ叩いたけどね)、ややめんどくさい方向に流れちゃったって感じですかね。んー、もっとすっきりスパっとやってほしかった気もするけどなぁ。まぁ主人公の成長を描きたいのならこういう展開になるのかな。

 にしてもなぁ、主人公が怪我したから傷口ペロって舐めるのはまだわかるけどさ、ギャルゲ的にね、でもさ、その音が「ジュルっ」ってなんだよwww まだそのシーンじゃねぇよwww

 ってわけで今現在H2O含め2本を進行中です。もう一本は上の方で書いた、サイクルの終わりが去年の10月ってやつです。え?ソフト名?かてうわなにをするやめ(ry

 そんなこんなでややそういうゲームにハマり直してきてるのかなーという自覚があるけど、そろそろ中間テストのシーズンなのよねっていうジレンマ。やりたいのに。

 あ、そうそう、GA2週目クリアしました。その記事はまた後日。
04:55 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

サクラ大戦2ミニゲーム すみれさん・カンナ・レニ・織姫編

 お久しぶりです。俺です。今回もミニゲームの話です。前回の最後に言ったように、すみれさん、カンナ、レニに加え、織姫もクリアしたのでそれも。

 ■すみれさん

 すみれさんが踊るので、それに合わせてスポットライトを動かし、常にすみれさんがライトの中に入るようにします。それだけです。ライトアップとかありますが、フツーにやってればいけます。目標スコアは5500点。

 えー、フツーにやってればいけるとついさっき言ったばかりですが、サクラ大戦2のミニゲームの中ではこれ、結構手こずった方です。5200点~5400点台は出せるけど、どうしても5500点を超えませんでした。結局5597点という割とギリギリなスコアでクリアしました。攻略ポイントなんてありません。慣れです。すみれさんの動きはパターンなので、それを覚えます。たとえば、一番最初は右に動くか左に動くか、右に動いたならそれからどういう風に移動するのか、それらを覚えます。障害物の後ろに隠れて「私を探してごらんなさい」状態(俺命名)になったらどう動くか、その場にとどまって出てくるのかそれとも別の障害物の裏から姿を現すのか、覚えます。具体的には、こういう動きをしたらその位置から、こう動いたら別の場所からといった風に、「こう来たらこうなる」と動きの流れを覚えます。覚えようと思わなくても何度もやってれば自然とわかるものです。というわけでがんばりましょう。そして第一作に比べてどうも物足りないイラストを拝みましょう。

 ■カンナ

 大神さんとカンナが協力して先を進むアクションゲームです。大神さんは高く飛べるけどカンナよりも走る速さが遅く、カンナはその逆です。この二人を状況に応じて交代させ、途中出現するアイテムを取りながら、制限時間内にゴールまでたどり着きます。ゴールに到着した時点での、残り時間とアイテム獲得数から点数が計算され、合計4500点以上でクリアです。

 ポイントは、薔薇組の人も言ってましたが、早くゴールするよりも多くアイテムを取ることを重視した方が良いということです。最終的なスコアは、残り時間×10 + アイテム獲得数×20なので、どちらを優先すべきかはわかると思います。

 ですが、そうは言ってもアクションゲーム苦手な俺は幾度となく落下しました。普通にクリアすらできません。ジャンプするタイミングがちょっとずれただけでそのまま堕ちます。このミニゲームも、結局は慣れです。ステージの構成は何一つ変わらないので、落下地点やアイテムのある場所などを覚えてがんばりましょう。最初からスコア狙いでいくのではなく、とりあえずクリアしてみることが大事だと思います。そこからより多くアイテムの取れるコースを考え、そのための交代をして目標スコアを狙いましょう。まぁ、慣れと気力です。

 俺は4750点でクリアできました。

 ■レニ

 水中で魚雷をかわしながらなんかよくわからん動いてるやつをゲットして合計点数が2500点を超えればクリア。なんかよくわからん動いてるやつは複数種類いて、それぞれ手に入れることで得られる点数が異なります。このゲーム、やることはいたって簡単なんですが、操作方法が難しいせいでやや難易度が高いです。操作は十字キーの左右のみ。左を押したら左に移動しつつより潜水し、右を押したら右に行きながらより沈みます。つまり、左右どちらかに移動しながらでないと下に移動できないんです。これ操作考えた人にちょい腹が立ちますね。ゲームのプログラムを難しくするんじゃなくて、操作を難しくする。作る方からすれば簡単で、やる方からしたら難しいゲームができます。あームカつくw

 クリアのポイントは、これも薔薇組の人が言ってましたが、魚雷はなんかよくわからん動いてるやつを取るたびに増えるので、なるべく得点の高いやつを取るべしってことです。個人的には取ることよりも魚雷から逃げることを優先して、近くに来たら取るぐらいの感じで挑みました。

 そんな俺は2600点でクリア。ギリw まぁ、一発でもくらったらアウトってわけじゃなく、数回のミスが許されているからこれくらいの難易度でも成立するんでしょうね。それにしても魚雷食らうたびに言われる「油断したね」がいちいちうぜー。油断じゃなくて操作ミスだっつーの!いや、下手とか言われるよりは遠まわしでいいんですけども。

 p.s. 魚雷じゃなくて機雷ですね。

 ■織姫

 正直説明がめんどくさいこのゲーム。それぞれ色の指定がある5本のラインのある楽譜に、右端から色つきの♪(音符)がやってくるので、その色とラインの色を左端に来るまでに、♯(♪を一つ上のラインに動かす)と♭(♪を一つ下のラインに動かす)の二つのマークを♪にぶつけることで合わせるっていうパズル要素の強いゲーム。ミスは4回までセーフで5回目でアウト。目標スコアは2500点。

 個人的にアイリスに次ぐ、やってて面白いゲームでした。まぁクリアするのに苦労はしましたが、面白かったから満足です。

 何が面白いというと、たとえば、赤のラインに、右端からっていう音符が来たとします。本来なら先頭の音符の色がラインの色と同じなのでそのままでいいのですが、真ん中にがあるので、これを青いラインに送らなければなりません。そのため、この場合はまず、先頭のをどこか別のラインに送り、その後、を青のラインに移し、移し終わってからを元の赤いラインに戻します。こういうことを5つのラインで行います。やってみないとわかりませんが、おもしろいです。ケータイのミニゲーム向きな感じ。

 俺は一回、クリアしようと本腰を入れてやったんですが、その時はダメで、後日改めてやってみたら一発でクリアできました。やっぱりこういう頭使うゲームは根詰めてやるよりもちょっと時間開けて、リフレッシュしてから再挑戦した方がいいみたいですね。あれ?って思うほどあっけなくクリアできちゃいました。スコアは3477点。余裕ですね。

 以上、ミニゲームの話でした。まだ7話を終えてないのアレなんですが、こうなるとさっさとサクラのミニゲームもクリアしちゃいたいなーと思うのですが、まだどんなミニゲームかということすらわかりません。早くシナリオ進めてミニゲームをできるようにしないといけませんね。でもね、戦闘パートがめんどくせぇんだ、これが。嗚呼、ロード地獄……。
05:17 | サクラ大戦2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

サクラ大戦2ミニゲーム 紅蘭・アイリス・マリア編

 前回の最後にも触れたように、今回はミニゲームの話です。

 ■紅蘭

 以前の日記でも書いたのでそれを丸パクすると、

 >紅蘭のミニゲームはシューティング。トマトを取りに来るカラスに煙玉を当てて撃退するというもの。一定時間カラスからトマトを守り抜けばクリア。撃退したカラスとクリア時に残っていたトマトの数で得点が決まります。

 だそうですww

 ステージがいくつもあり、クリアするごとにカラスの数が多くなったり普通のカラスと動きの異なる厄介なカラスが出現したりします。目標スコアは6000点です。実際始めてやった時の感想は、"最初は余裕wwだけど中盤以降いきなり難易度が上がる"ってものでした。ミニゲームのクリア特典のイラストを見るのも結構苦労するのではというのが俺の予想でした。

 が、まさかの一発クリアwww

 余裕でした。スコアは7170点。ビビりましたね。このゲーム、ステージが進むごとに難易度が増すと書きましたが、逆をいうと、ステージのレベルの低い段階でなるべくミスを減らし、パーフェクトを狙えば、ゲームオーバー時のステージレベルがやや低くても何とか目標スコアには到達するんですね。俺は赤いカラスが出てきた辺りでゲームオーバーになりましたがこのスコアです。

 そして予想外の紅蘭のイラストの素晴らしさに俺は心打たれました。いや、サクラ大戦1,2を通して今まで見てきた中で紅蘭の最高のイラストなんじゃないでしょうか。もうサクラ大戦1のイラストなんて覚えてませんけど。

 ってわけで紅蘭のミニゲームは案外いけちゃうんでやってない人はぜひやってみよう!まぁこんなゲームやる人なら、ミニゲームごとき即行でクリアするんでしょうが。主にイラスト目当てで。

 ■アイリス

 お祭りのやってる広場内でアイリスを動かし、アイリスの行きたい屋台や、途中出現するおっさん(神輿でも担いでいるつもりなのか)にアイリスを触れさせればポイントゲットです。途中、他の子供に一定回数ぶつかるとゲームオーバー(多分10回くらい?)。目標スコアは3500点。

 いきなりぶっちゃけますが、このゲーム、やってて一番おもしろいです。

 弾幕シューティングゲームのように、自機を障害物に当たらないように動かすのが楽しい。アイリスの移動スピードも"普通"と"速い"の2つ用意してある辺り、作った側はよくわかってる。それに何より、ちょこまか動きながらしゃべるアイリスが存外に可愛い。

 (行きたい屋台を選ぶ時) 「あそこー!」

 (おっさんを見たい時) 「あれ見たい!」

 (行きたい屋台や見たいおっさんに触れた時) 「おもしろーい!」

 もうね、ヤバいです。麻薬ものです。この可愛さは中毒になります。間髪入れずに行きたい屋台に連れて行ってあげると連続して「おもしろーい!」が聞けてこれがもうたまりません。至福です。気づくと目標スコア3500のところを7650点取ってました。それほどまでにこのミニゲームは楽しい。サクラ大戦2のミニゲームの中じゃやってて一番おもしろいのはこれじゃないかな。

 でもこれ、やる気さえあれば10000点越えもいきそうだな。いや、やる気は起きないんですけど。とりあえず、俺の中じゃイチオシのゲームです。

 ■マリア

 雨の中、マリアと相合傘でできるだけ早く帝国劇場を目指します。水たまりに入っちゃうとゲージが下がり、タイムロスになります。途中、強い横風が吹くので、そういう場合は風が吹いてくる方に向かって傘を構え、○ボタンを連打。うまいこと調整して水たまりをかわしましょう。場所によっては追い風が吹くところもあり、そこを積極的に利用することでタイムを短縮することができます。目標スコアは1分45秒00。

 案外いけました。1回目で様子を見るとともに目標スコアを確認。2回目に本気で挑み、やや間に合わず。ここで、なるべく追い風を利用しないといけないことがわかったので3回目にそれを実践して見事クリア。タイムは1分42秒91。まぁこんなもんでしょう。

 1回も水たまりに入らず、分かれ道では常に左側を選んでこのタイムでした。分かれ道の件はやや記憶が曖昧ですが(途中、1回だけ右側を選んだかも)、水たまりには一度も入ってません。まぁ、水たまりには入らないことを意識していればいけると思います。どうしてもダメなら薔薇組の人が言っていたように追い風の吹く場所を覚えればいけるでしょう。

 そうそう、今書きましたが、2で初登場の薔薇組の皆さんは各キャラのミニゲームの攻略のヒントを教えてくれます。柄に似合わずイイ奴らです。ヒントなんかなくてもクリアできちゃうのがアレですけど。

 っていうか今作、ミニゲームが恐ろしくぬるくなってる気がします。前作で俺を苦しめた暗記モノが0です。暗記モノがなくなったことはすげーありがたいんですが、他のゲームの目標スコアも結構低めに設定されている気がします。紅蘭のとか、一発クリアは嬉しいけどどちらかというと物足りない気持ちの方が大きいです。個人的にはもうちょっと難易度高くてもいいと思います。

 では、今日は長くなってきたのでこれで終わります。次回はすみれさん、カンナ、レニのミニゲームについて書いていきたいと思います。
04:58 | サクラ大戦2 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

度々こういうことがあると、自作PCでも作ろうかと思っちゃいますよね

 このやり方、すげーPCに負担がかかってそうなんだけどね。

 こんばんは俺です。もう朝です。

 えーっと、何の話かといいますと、最近デスクトップPCの調子があまり良くありません。

 GWの帰省から下宿先に戻ってきてから、どうもインターネットの速度が著しく遅いです。ずーっと遅いわけじゃなくて、速い時は速いんです。でも遅い時は接続のタイムアウトすらします。すげー極端。

 で、まずモデムの問題かなーと思ったわけです。こういう問題の大半はモデムの再起動で解決したりしますしね。今回もそういうアナログな技で直るんでしょ?ってわけで再起動→無意味。

 はい、違いましたね。その後もう一度、今度はルーターの再起動も一緒にやってみたんですが、効果なし。っていうかためしにノートPCを起動してみたらこっちはフツーに動くので、モデムとかルーターが原因って線は限りなくゼロですね。もっと早く気付けと。

 で、さぁ困ったどうしよう……となったので、とりあえずインターネットの速度をネットで調べてみることに。速度が契約上の値よりも著しく低かったりすれば、それを元にプロバイダに原因とかをそれとなく聞いてみようかと思ったんですが、特にそんなことはなく。っていうかむしろ他の契約者の平均よりもかなり速いという診断結果が。意味不明。

 仕方がないので最近インストールしたソフトをアンインストールしてみますが変わらず。

 いよいよ煮詰まりました。あぁだるい。それにすごくめんどくさくなってきました。もうこのままでいいやって。でも最後にダメもとで復元をやってみることに。でも、最近インストールしたソフトはアンインストールしても効果がなかったし、インストール以外で最近PCで大きく変えたことはありません。ホントに、期待はしてませんでした。



 で、あっさり直った、と。



 もうね、わけわからん。でも直ったからいいや。復元マジやばいっすね。俺は頼りっぱなしです。ありがとう復元!凄いぜ復元!

 以上、本日の俺の葛藤の記録でした。
05:34 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

そういや7話で好感度のランクの変化は終了らしいですね

 GWは帰省してたのでGAは全く進んでません。逆にサクラ大戦2は地味に進んでます。今第7話の途中です。とりあえず第5話と第6話の感想をちょこっと書きます。

 第5話。

 前にも書きましたが、すみれさんのイヒヒヒヒな姿を拝めただけで俺はもう満足です。そういや、水狐に対して金剛が「かばう」を使ってきたのにはビビりました(※どちらも敵キャラ)。水狐を自軍の必殺技オンパレードで一瞬で葬ろうと思ってたらかばいやがって。めんどくせぇなぁ。しかも相手のかばうは回数制限無いっぽかったし。卑怯すぎだろ。でも、相手にやられて思ったけど、やっぱかばわれた側だけじゃなく、かばった側もノーダメージってのはチートですね。

 第6話。

 レニが主役の話ですが、うーん、どうもこう、話にあと一歩足りなかった気がするなぁ。ちょっとネタばれになるので↓一段落は、読みたくない人はスルーしてください。



 元気のないレニに、アイリスが自分で作った花飾りを贈るんですが、その後、レニは敵にマインドコントロールされて操られてしまいます。で、華撃団が出動→大神がレニを説得→レニ、心動かされる→とどめとばかりに花飾りを見せて「アイリスの気持ちを思い出せやゴルァ!」→レニ「( ゚д゚)ハッ!」→レニ復活 って流れなわけですが、何分花飾りを贈ったのが7話に入ってからで、いまいち気持ちがこもってたとは思えない。いや、確かにアイリスの気持ちはこもってたんですが、レニが花飾りを大事にしているシーンなどが一切なく、いきなりあんなシーンにそれをキーアイテムとして使われてもいまいちついていきづらい。もう少し早い段階で花飾りを渡して、その後数回ぐらいレニが花飾りを大事にしている描写を入れてもらってればよかったかなーと思います。まぁ、1話完結って意味ではいいかもしれませんが、もうう少し伏線っぽく4話、5話あたりで使ってくれれば、と。



 はい、ネタばれ終了。で、それ以外だと、水狐の胸のデカさは超一級だったなぁ、ぐらいしか書くことがありません。あぁ、ボスの水狐戦は、水狐の術を1ターン目に早速見破るレニのせいで、水狐がかわいそうになりました。満を持しての技をあっさり見破られるとは。しかも1ターン目に。

 で、今は7話で織姫のくっさいべたべたなお話に付き合わされています。アイツとかアナタとか呼んでた相手をいきなりパパだと?随分と都合の良いようで。7話はあと戦闘パートだけです。

 が、その前にミニゲームをやっちゃおうかな、と。さくら以外のミニゲームは出しましたし、「やるぞ」と意気込んでやるほどの難易度でもありませんしね。

 でも今日は長くなってきたのでこの話題は明日以降です。おやすみなさい。
03:54 | サクラ大戦2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。