--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

サクラ大戦3始めました。

 お久しぶりです。俺です。生きてます。

 さて、早速ですが積んでいたサクラ大戦3を始めました。

 とりあえず今1章の戦闘パートに入る前までやったんですが、思ったことをだらだと。

 ■絵&ムービーが綺麗!

 絵は据え置きハードなだけあって綺麗!でもってムービーがんばってる!CGとか使っちゃってる!OPはあの歌なので盛り上がる!まだあんまり聴いてないのでやっぱ前作の方が~って気もしますけどね。

 ■立ち絵が素敵!

 もちろんきれいだし、表情自体もよいです。今のところおもにエリカ(主人公、後述)の顔ばっかみてますが、ドジった時の両手を頭に当ててる時の顔とかヤバげです。1枚1枚が結構記憶に残るので、なんとなく今作は立ち絵のレパートリーが多いんじゃないかという印象があるんですが、実際はどうなんでしょうね。

 ■ロード時間

 あんまり意識はしないけど、キャラの立ち絵が変わるところはやっぱちょっと時間かかる。まぁPSP版のサクラ大戦2ほどじゃない。気になるっちゃ気になるレベル?かな。

 ■主人公、エリカ

 本作の主人公。ドジっ子のシスター。傷を治す力(ヒール?)を使える。よく動画とかで見かけた人。立ち絵のとこにも書いたけど、非常に表情がよい。ドジった時のもいいし、驚いた時のもいい、ちょっと頬を赤らめたのももちろんいい。主人公を犬猿しがちな俺にしては珍しく高評価です。

 ちなみに中の人は日高のり子さん。となりのトトロのサツキやらんま1/2のあかねなど。もう聴いてりゃわかると思いますが、見事なまでにサツキですw この俺でさえそうじゃないかと見破れたほどにw

 ■なんか金髪のお高くとまった人

 一応メインキャラの一人っぽいけど特に興味が湧かなかったので名前覚えてませんw だってねぇ、このポジションはすでにすみれさんのもんだし。

 ■メル・レゾン

 グラン・マ(総司令)の秘書。青い髪。どっかで見たことあるような顔。何となく俺としては「サキ」と呼びたくなる。なんでだろ。サキって顔してるんだよなーw

 ちなみに中の人は小島幸子さん。……って誰だろう。知らないなぁ~。聴き覚えもないし、初めて聴く人かもs

 >ギャラクシーエンジェルシリーズ(クレータ)(Wikipediaより)

  なん……だと……?

 ■シー・カプリス

 グラン・マの秘書。オレンジ髪。売店やってる。



 そして!



 中の人は!!



 なんと!!!



 かないみかだ

 YEAHHHHH

 HHHHHHHHHH

 HHHHHHHHH!!!


 OK、もうこのゲームを買ったことは正解と言い切ることができる。まさかこんな所でこのボイスが聴けるとはな!嬉しい誤算すぎるぜ!

 ■ウサギ怪人(正式名称は知らん)

 笑い声が「ウーサッサッ」、語尾が「ピョン」、声優が元太(コナン)の中の人という、もはやギャグ担当かと言わんばかりのスペックですが、一応敵キャラです。ってまさかコイツが前作とかの四天王的扱いだったりするんでしょうかね?ものものしいBGMを流しても全然締まらないんですけどw

 ■迫水さん

 巴里の日本大使館の偉い人。男。大神の上官って解釈でいいはず。この人、結構面白い。

 エリカと街巡ってる途中、迫水さんもエリカと一緒に行きたいらしく、秘書に行っていいか聞きに行く
 ↓
 迫水「ダメだった……(´・ω・`)」

 大の大人がしょんぼりしすぎだろwww

 ■つぼみちゃん

 回想シーンで前作、前々作のキャラが出てきたけど、唯一スルーされたつぼみちゃん。俺の見落とし?w

 ■にゃんにゃんダンスやべぇ!!

 エリカは踊り子もやってて、エリカとゆかいな仲間たちが猫の衣装(尻尾もついてるw)を身にまとってにゃんにゃん踊るムービーが!これはヤバいw 思わず録画を考えるレベルww いやーフランスは巴里、なかなかやるじゃないか。

 ■シーくん関連その1。

 シー「それじゃ、待ってますからぁ。ぜーったい、売店に来てくださいねぇ。」

 これはもう行かざるをえない。

 ↓

 自由行動になって早速光の速さで売店に行ってみたのにシーの声が入ってないとは!!!スタッフにはがっかりだ!他のヒロイン差し置いてでもシーはフルボイスにすべきだろ。そもそもシーの声がかないみかさんじゃなかったら他に大した魅力もry

 ■シーくん関連その2。

 大神「売店の仕事はどうだい?」

 シー「いろんな人に会えますからぁ……あたしの運命の人に会えるかもしれませんしね。きゃっ!」

 はい!はい!おおお俺!運命の人俺!インフロントオブユー!!!!

 ■シーくん関連その3。

 なんとなく、シーくんの容姿を見てると犬を思い出す。あんな髪した犬いたよね?w

 ■バーロー?

 プロローグでバーローの声が聞こえた気がした。違ってたら申し訳ないです。

 ■雑学

 ブランデーを塗っただけのクレープはグランマニエと言うらしい。

 クロワッサンは三日月という意味。



 これぐらいですかね。戦闘パートの感想を明日辺りに書きたいところです。

 でも、今日ちょっと軽くやった感じでは、フツーに面白そうです、これ。キャラが立ってるのがいいのかな。主人公がワイワイ動くので今のところダレたりはしません(当たり前かw)。あとかないみか成分があるのが非常に大きいw フルボイスじゃないとわめくヲタどもを「何をそんなに…別にいいじゃんそれぐらい」と嘲笑ってきたけどここにきて彼らの気持ちが痛いほどわかる!なんでフルボイスじゃねーんだよー。

 では、また今度。
スポンサーサイト
04:25 | サクラ大戦3 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

とりあえずヴァニラちゃん親衛隊に俺も入れろ

 あけましておめでとうございます。俺です。生きてます。

 ってわけでですね、よーやくギャラクシーエンジェルMoonlit Lovers(以下GAML)を始めました。えーと、前作を終えたのがいつだっけ?いつぐらいですから、いつぐらいぶりになるわけですね。ところでmoonlitってどういう意味でしょうかね。

 まぁとにかく始めました。今作は前作の続編ということもあり、最初にヒロインを選択します。前作の舞踏会に誘うシーンが今作の最初に回想として現れて、そこで前作で選んだ(ってことになる)ヒロインを選ぶわけです。

 さて、ここで俺は悩みます。

 誰にしようか。

 候補はミントとヴァニラの二人です。前者はなんかもう全く覚えてないけど前作ですげーハマった記憶があるし、後者は5人の中で一番評価の高いキャラです。プレイしたのが一番最後ってのもあるかもしれませんが。

 で、結論から言うと、ミントから始めたけどイマイチだったのでヴァニラを選択し直しましたw

 いや、これはしょうがない。ミントを選んでからダラダラと進めてても特に何も感じませんでしたからね。ゲームの最初の方はアドベンチャーパートが結構あるんですが、ダレました。別に悪いわけじゃないんだけどね。なんとも思わないってのはあんまりおもしろくないし。

 そんでヴァニラにしたわけですが、こっちも正直あんまりだったりw なんだろう、展開があり来たり過ぎてちょっと飽き飽きしてきたんでしょうかね。こっちもダレました。でも一応ヴァニラで進めていこうと思います。

 シナリオは今のところ上で書いたようにダレます。ベタ。ホントにベタ。

 で、気に入らなかったのが立ち絵の使いまわし。前作と全く同じ。これには萎えました。本気で。ただでさえアドベンチャーパートは画面とかBGMとか丸々同じだってのに。新鮮味が全くないです。これは大きなマイナス点。他のところが同じなのは許すとしても立ち絵ぐらい新しいの用意しろよ。

 次に戦闘パート。こちらは進化している……っぽいんですが、正直難易度が高くて序盤なのに俺はもうヒィヒィです。何度ランファと烏丸さんが死にかけたかw 前作をよく覚えてないんですが、今作、結構立て続けに被弾するシーンが多く見受けられます。体力8割とかあってもドンドンドーンで4割ぐらいまで一気に減りやがります。逃げようとしても後ろから追撃されます。正直ムズいw

 とりあえず単独行動とか分散とかはさせず、味方機は一緒に行動させるべきですね。そのほうがヴァニラの修理もしやすいし、いろいろとフォローが効く気がします。

 とりあえず第2章?のラブラブ大作戦の途中まで来ましたが、大雑把にはこんな感じです。以下、細かい所を。

 ■予想以上に新キャラ烏丸ちとせさんがよろしい。

 なんだろ、新登場ってこともあって斜に構えてたんですが、いい感じのキャラでした。まじめっ子さんいいなw ただ機体の性能はあんまりな気がする。カンフーファイターと同じぐらい打たれ弱くてハッピートリガーと同じぐらい足遅い気がする。気のせいならいいけど。これで火力低かったらどうすりゃいいんだ。ヴァニラ選んだから回復には困らないはずだけどどうなるんでしょうかね。いまんとこヴァニラ、ランファ、烏丸しか合流してないので他はわかりません。

 ■前作の敵キャラが出てきて吹いたw

 いたなぁこんなやつwwwってのが今作にも出てきやがりました。なんでコイツ生きてんだよww しかもどっからどう見ても真の敵キャラに使い捨てられる位置ですご愁傷さまでしたwww

 ■今作の敵の親玉のおねーさんがエロい。

 谷間やべぇwwww

 ■ココが腐に目覚めてたw

 こいつこんな奴だったのかwww

 ■クールダラス×モニタ娘(名前忘れた)らしい

 いつの間にw 前作でそんな描写あったっけ?まぁ、クールダラスさんがあんなんだから今んとこ何にもないようだし、これからもなさそうだけどw

 ■戦闘パートで右上にマップが常に出るようになったのはかなり良い改善。

 これで派手な戦闘を見ながら状況を判断できます。前作だとこれが無くて、戦闘に集中するには常にマップビューにしなきゃいけなかったんだよなぁ。あれ、そうだよね?なかったよね?

 ■でも戦闘むずい。

 これ、前作と同じく、「攻撃」とか「必殺技」で敵ユニットまで移動させようとしてもこちらの速度がかなり遅い気がします。ランファがいつまでたってもそばにいる敵ユニットにアンカークロー出さないから何事かと思いました。きちんと「移動」の指示を出さないとダメってことですかね。あと、これも前作と同じように、攻撃後のターンがでかい。これも、攻撃後きちんと「待機」させないとダメなんでしょうかね。でも待機させるとただの的になるわけで、その辺の加減も難しい。この辺、慣れればいいんですけどね。6機の動きを把握しつつこの動作をやるのはかなり厳しいんじゃないかなー。もう少しオートマチックに動いてくれればなぁと思います。

 ■ムービーは進歩してる。

 ……気がします。OPはイマイチだったけど、各キャラの固有ムービー(?)はいいものになってる気がします。ミントとヴァニラのを一つずつ見ただけですが。これはいいところですね。進歩というか、きれいになってるというか、ね。

 ■OPでEternal Loveを持ってきたのはちょっとなぁ・・・。

 盛り上がります、確かに盛り上がるんですけど、この曲はここぞって時に出してほしかった。そう、前作で戦闘パートで流れ始めた時みたいにさ。っていうかこの作品のために一曲用意してくれよ。これ、ひょっとして製作期間とか短めだったりするんでしょうかね?ボリュームもあんまりなかったり?ま、まさかね。

 これぐらいですかね。正直アドベンチャーパートがだるいのであまり進める気が起きないってのが現状です。気が向いたらやろう、ぐらいのテンション。正直これよりもサクラ大戦3の方がやりたい。いや、もう手元にあるからいつでもできるんだけど、これやるぐらいなら新しくサクラ大戦3を始めたいと、これほどのやる気のなさなわけです。

 まぁ、やる気が無いと言っていても仕方ないし、この俺ですから?なんだかんだ言っていつかはやるんでしょうが、それまではちょっとご無沙汰になっちゃうかなーってところです。

 以上、久しぶりの更新で相変わらずな俺が送りしました。ところで明日は学校がありますがこの時間です。どうしましょう。
04:55 | ギャラクシーエンジェルML | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

デモンズソウル卒業~

 っわけで結構前にさりげなく記事にしたPS3ゲーム、デモンズソウルですが、実はこれ借り物でして、この度友達に返したので、卒業となりました。いつ借りたのか覚えてませんが、記事をたどると7月19日にはすでに借りていたようで、3ヶ月半ぐらいですか?長々とやり続けました。こんなにハマるとは俺自身思ってませんでした。このゲームに出会わせてくれた友達に感謝です。

 で、今日はちょっと卒業記念にいろいろと書かせてもらいたいと思います。ゲームやったことある人にしかわからない内容だと思うので、知らない人にはさっぱりだと思います。暇で暇で仕方ない、とかなら読んでください。

 僕は基本的に青ファンプレイをしていました。黒ファンで侵入したり、PKKを一人で勝手に始めたりしましたが、どちらも一日しか持ちませんでした。どうも、あの、独特の緊張感が耐えられなくて。やり続けると気持ち悪くなっちゃってダメでしたね、僕には合いませんでした。

 ってわけでマルチプレイはほとんど生身か青ファンで行ったわけですが、最終的な数値はこんな感じでした。

 マルチプレイ回数:2800弱、S:81.6、A:6.0、B:7.3、C:2.1、D:3.0

 確かこんな感じ。良い評価をくれた人も悪い評価をくれた人もありがとうございました。S評価がこんなにあるのは正直自慢していいレベルだと思います。皆様の温かい評価のおかげです。

 中には、「これはSでしょ?」とか思っていたのにB評価をいただいたり、気づいたらD評価がついていたりと、ちょっと滅入った時もありましたが、それもすべて俺への評価ですしね。素直に受け止めます。「Sでしょ?」とか思ってしまった時点でちょっと自惚れてますしね。でも、B評価バグとやらがあるらしいのですが、結局そのバグ存在の有無の確証には至りませんでした。まさかB評価してくれたホストさんに、「今ご一緒した青ファンですが、僕への評価は何にされました?」なんて聞けませんしね。それで「Sつけましたよ?」って言っていただければB評価バグが存在することはわかりますけど、「あ、Bです」なんて言われた日にゃなんて返せばいいんだって話ですし。まぁ、もしも本当にそんなバグがあるなら、ちょっと何とかしてほしかったところではあります。

 話は変わって、作ったキャラの話。

 このゲームで、俺は結構な数のキャラを作りました。

 最初はもちろん器用貧乏で、次は技量剣士かな。左に鋭利刀、右に光乗せ鋭利キリジの量産型?っぽい奴。コイツで4周してトロフィーコンプしました。

 その次に知力魔力信仰のみに振って窮鼠モリでケモタリ使った超火力プレイ。コイツはかなりおもしろかったです。青ファンだったので、自分だけでオラオラ進むのではなく、基本ホストさんの後ろをついてって、自分の担当の獲物の分とか空飛んでるガーゴイルとかを一撃で葬ってね。このキャラで青ファンやってたら結構ご一緒したホストさんからメールをもらえたりして、嬉しかったですね。ちなみに、頭ターバンは視界が悪くなるので被りませんでした。

 そのあとはアンバサ。単純に近接に必要な能力と信仰を上げただけですが、それなりに長いことやりました。右に祝福北騎士剣、左に審判者か北騎士盾でしたね。ただ、このキャラをやってる途中で近接で窮鼠モリプレイをやりたいなーって思うようになりまして。アンバサだと体力が勝手に回復しちゃうから窮鼠モリプレイはしづらいんで、そういう理由から新しいキャラを作ることにしました。

 それで作ったのが魔法剣士。右に欠月エストか月キリジ、左は北騎士楯。一時期刀使いたいってことで筋力と技量を合計3くらい上げて使ってみたらあんまり使いやすいと思わなくて、折角レベル100ぐらいになっていたのにステ振り直ししたりしました。うん、刀使わないなら筋力と技量上げる必要ないしね、そう考えると無駄なステータスに見えて仕方なくなっちゃってね。まぁ、これはしょうがないです。

 考えていた窮鼠モリプレイも場所によってやってましたね。マンイーター戦では、わざとダメージくらって体力減らして窮鼠モリ発動させたりして、一人で自己満足してました。今思うと、これは思いっきり俺TUEEEEEですね。反省。あとは、坑道2の大タマムシとか城4のドラゴンとかを倒すときに窮鼠モリになって、すぐに倒したりね。こういう窮鼠の使い方は我ながらいいんじゃないかなと思います。それでタマムシ倒してホストさんが歓喜してくれた時はもう、俺も一緒に歓喜ですよ。城4のドラゴンに関しては、ちょっとホストさんがドラゴンを倒したいのかどうかわかりづらいので、ちょっとでしゃべったことになっちゃってた時もあったと思いますが、それなりに思い通りにお手伝いはできたかな、と。それ以外では窮鼠モリは使わず、フツーに戦いましたし。

 でもこのキャラ、タイ人ではあまり強くなくてですね。どう戦えばよくわからないし。まぁ、対人で弱いのはいつものことなんですけどね。それでまたキャラを作りたくなっちゃって。

 そうして最後に作ったのが上質剣士です。ただ、レベルを100に抑えるために体力は27しかなく、さらに筋力26、技量33と、あまり上質の利点を生かせないステータスとなってしまいましたが。でもこのキャラ、結構長いこと楽しめました。いろんな武器を使えるので余り飽きがこなかったんですよね。使った武器は、無銘北騎士剣、無銘エスト、無銘隠密短刀、上質クレイモア、鋭利刀、鋭利キリジ、上質ミルド、月ミルド(坑道用)、鋭利サイズ、鋭利隠密短刀、鋭利エスト、北騎士盾、暗銀盾、柴染盾とかです。鋭利が多いですけど、このうち二つはフレの方にお引越しを手伝っていただいて手に入れたもので、ほかのものの何となくマラソンを始めたら1時間で3つ出ちゃっただけです。あまり苦労とかしてないのでアレです。トロフィーコンプのために初めて純粋な刃石を手に入れた時の喜びはすごかったなぁ。確か一日三時間マラソンやって三日かかった。

 戦い方はエンチャ前提で。バグとか言われてるけどケモタリ呪いだったり松脂だったり白ベタだったり。とにかく気分によっていろんな武器を使えて、いろんなエンチャができるのがこのキャラの利点。さっき黒松脂使ってたけど今度は白ベタ使うとか、なんか通っぽいじゃん?実はただの気まぐれだけど。

 で、このキャラで近接窮鼠モリの楽しさを知り、窮鼠モリをしたりしなかったりで10周以上しました。うん、このキャラが一番周回しましたね。周回するときは大体ミルド、やっぱ強ええもんね。リーチもあるから窮鼠モリプレイにはうってつけ。嫌われてるけどそんなの知るか。ミルドに呪いや白ベタエンチャしたときのあの美しいフォルムは最高です。

 あと、周回の途中で筋力30にして竜骨砕きを装備して窮鼠モリ呪い竜骨砕きをやってみましたが、半端ないwww これはホントに半端ない。もう笑うしかない強さ。審判者一撃、勇士二発、偶像二発、つらぬきの騎士も確か二発。マジでボス戦が楽しくなりますwww もちろんこれは自分が一人で周回するときしか使いませんでしたけどね。竜骨恐るべし。でも俺は竜骨砕きの重さがネックで、結局竜骨は使うのはあきらめて筋力26にステ振りなおしました。上質剣士だとエンチャ用のアイテムはもちろん、いろんな武器を持ち歩きたいのでね。正直重さ20は他を圧迫しすぎました。ただ、一度はやってみると面白いですよ窮鼠モリ呪い竜骨砕き。オーラントにそれで挑んで最初のダッシュ切りくらって大失敗したりしますけど。

 遠距離には粘質な複合ロングを使いましたね。周回中は窮鼠モリでを使って潜むものとかマンイーターの一匹目とか倒したりしました。潜むもの、俺、一人だと俺勝てないんですよ。マジで何度もハメ殺しました。マンイーターは気分によって、殺したりそのまま中に入ったりしてました。

 結局このキャラで白の矢をカンストするまで集めようとしていたときに止めちゃいました。

 キャラに関してはこんな感じです。全キャラ合計プレイ時間は600~800?時間ぐらいですかね。本当に楽しみました。

 マルチプレイでの楽しい出来事、面白い出来事も山のようにありました。城1のミラルダの梯子のところで黒と登ったり降りたりしたり、谷2でひたすら救済してくれるホストさんと青さんに会ったり、スパイクだけで突き進む青さんに会ったり、もう一人の青待ちのホストさんにパリィモーション見せたら期待通り攻撃してきてくれて「ゴゥッ」ってなったり…。今すぐには思い出せないけどもっともっとありました。もちろん、もっと些細なこと、たとえば最初の一礼が完全にタイミング一致したり、NPC黒ファン倒した後の歓喜が一致したりね、そういうことがあっただけでも楽しかったです。

 と、いろいろだらだらと書いてきました。まだまだ書き足りないことはありますが、気が向いたら後日書くことにしましょうかね。気が向いたらw しかしまぁ、今日はとりあえずこの辺で終わります。いい加減寝ないと明日ヤバいし。

 ってわけでお疲れ様でした。ありがとうデモンズソウル。さよならデモンズソウル。もしベスト盤か続編が出るなら俺は絶対買うよ!っていうかベスト盤出せよ!こんだけ売れたんだから。
04:58 | ゲーム | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

サクラ大戦2ミニゲーム さくら・クイズ・大富豪編

 というわけで今日はサクラ大戦2ミニゲーム完全制覇の話でも。ちなみにこれ以降、サクラ大戦2の話はしないと思います。他のキャラでエンディングを見ようとか思いません。モチベーションがありません。

 ■さくら

 速攻で終わらせて大富豪をやってやるわ!と意気込んで臨んだものの、ヤバい難易度に唖然。あの、クリアできる気がしない感はすさまじかった。

 とりあえずゲームの説明をしますと、画面の左右から1~3つの藁?が飛んでくるので、それが画面にあらかじめ描かれている3本の線(それぞれコントローラの□、×、○に対応)の部分に重なった瞬間にタイミングよくその線に対応しているボタンを押すゲームです。一つの線は一回しか押せないので、○ボタンで右から来た藁を切り、後から左側から来た藁も○ボタンで切るってことはできません。正直画面を見てもらわないと何を言ってるのかよくわからないと思いますけど、まぁ、詳しく知りたかったらゲーム買ってやってください。目標スコアは3500点。

 で、先ほども言ったようにかなり苦戦しました。スコアは、藁を切った時のポイントと、一度に飛んでくる藁を残さず切った回数×100点、それと残機(一度に飛んでくる藁を一つも切ることができなかったら一機消滅。3機でスタートで0機になったらゲーム終了)×300点の合計となります。一度に飛んでくるっていうのがよくわからないかもしれませんが、一回戦ごとに最大3つの藁が飛んでくるんです。で、それが合計二十回戦あるわけです。わかります?あーくそっ、ミニゲームの仕様を文字に起こせないのは俺の力不足です。すいません。まぁ、詳しく知りたかったらゲーム買ってry

 んで、頑張って何度も挑戦するんですけど、もう全然ダメ。1000~2000点をうろうろって感じで、目標スコアに届きそうな気がしません。

 でも、何度もやってるうちにいくつかのことに気づいてきました。

 それは、一回戦ごとに、最初に「一つ」、「二つ」、「三つ」と、この回でいくつの藁が飛んでくるのか表示されることと、すべての藁は、必ずどれか一つの線の上を同時に通過するってことです。

 前者はまぁ、その回でいくつ藁が来るのかわかるんだから心構えができますよね。でも、大事なのは後者です。

 このゲーム、一つの線の上ですべての藁を切ると、ボーナス点が加算されます。一つの藁をただ単純に切るだけだと30点とかそこらなのですが、いくつかをまとめて切ると100点以上のスコアを出すことができます。つまり、まとめて切ったほうが断然お得なわけです。でも、そんなこと言ったって同じ線の上を通るタイミングなんてわかるわけないじゃん!って感じで最初はこのボーナス、全然狙えなかったんです。

 しかし!「すべての藁は、必ずどれか一つの線の上を同時に通過すること」を発見してからは話が変わります。

 複数出現する藁の動きをすべて追うのは大変です。動く速さも違いますし、出現するタイミングも違いますから。でも、ボーナスを狙いに行くと、とたんに難易度が下がります。一番最初に出てきた藁の動きを主に気にして、後から出てきた藁と同時に通過しそうな線のボタンを押せばいいんですから。

 正直、何言ってるかさっぱりだと思いますけど、まぁ、詳しくry

 で、そんなこんなでクリア。結構やり応えのあるミニゲームでした。次、もう一度やれと言われても無理です。一時間やるからクリアしろ、ぐらいならなんとかなると思いますけど。

 コツは、今まで言ったことを気にしつつ、藁の動きの遅い前半は積極的にボーナスを狙い、「一度に飛んでくる藁を残さず切った回数」を増やし、藁の動きが速くなる後半は残機を減らさないことに気をつけて、とりあえず一つでもいいから藁を切ることに専念するってことですかね。一つでも藁を切れば残機は減らないので。

 ちなみにスコアは↓
mini-sakura-score
 でも、目標スコアをクリアした時の達成感は結構なものがありました。そういう意味では良いミニゲームだったんじゃないでしょうか。三つある線の二つが交差していたりと、作り手がいろいろと考えて作ったんだろうなーってのが伝わってきて、悪い気はしません。

 あと、このミニゲームでのさくらがやたらと可愛かったです。くそ、これが主人公特権か。ミスった時の顔もいいし、合計スコアが低かった時の残念な声も良かったです。ご褒美の絵は、まぁ、それなりですかね。

 ■クイズ

 難易度の低い問題を椿ちゃんが、それをクリアするとより高い難易度の問題を加山が出題してきます。それぞれ10問連続正解でクリア。

 まぁ、これはいつものことながら数をこなせばクリアできますね。おかげでアイリスの誕生日が7月5日ってことを覚えました。しかし相変わらず知るかって問題がいくつかありますね。このクイズの全問題文とかどっかにないかなー。全部で何問ぐらい用意してあるんだろ。

 ただ、一度10問連続正解ができずに途中でミスった時、再びやるまでにちょっとロードが入るのはいただけない。ランダムで問題を選択しているんだと思うけど、このロードのせいでテンポよく繰り返し挑戦できない。まぁ、ロードに関してはこのゲームの最大のガンだから、今さらっちゃあいまさらなんですけどね。

 ■大富豪

 これらのミニゲームが終わって、やっとこさ大富豪ができるようになります。花組のみんなと入れ替わり立ち替わり、合計3戦やって、全部一位を取ればクリア。一回でも二位以下になるとまた最初から?らしいです。俺は一回最初で大貧民街道を突っ走っただけで、二回目でフツーにクリアできちゃったんで確認はしてません。

 難易度は、トランプゲームだから結構運の要素が強いですね。CPUの手札が1、2、Kとかで固められてたりしたときはさすがにおいおいと思いましたが。

 個人的にはジョーカーと革命がカギですね。以前にも書いた気がしますが、ジョーカーはカードの交換で富豪側に抜き取られることがないのでジョーカー+三枚で革命が起こせます。それを前提に、革命する前に強いカードを使い、そのあと革命して弱いカードで攻めるってのがかなり有効な気がします。あと、CPUは革命は最初のターンでしか使ってこないってのも覚えておくといいかも。

 CPUのカードのチョイスのアルゴリズム?はよくわかりませんが、ルールに「階段」が存在しないのは、明らかにプログラムを考えるのがめんどくさかったからなんでしょうねwww でも、にしてもルールが少ない気がする。イレブンバックはめんどくさいから入れないにしても、八切りぐらいは入れても良かったと思うんですけどね。ただ切れるだけだし。十飛びも入れるの楽だったろうに。まぁこれはマイナールールってことなんでしょうかね。

 ってわけで割と簡単に大富豪クリア。そして花組全員からの「おめでとうございます!」。うん、ありがとう!それ聞けただけで今まで頑張ってきた甲斐があったってもんだ!ちなみに大富豪のクリア特典は自分の好きな隊員を選んで大富豪ができるようになるってこと。第一作の花札と同じですね。

 はい、以上でサクラ大戦2ミニゲーム完全攻略となりました。感想はそれぞれの項目で述べたとおりです。個人的には今作のミニゲームは前作に比べ、楽になっていると感じましたね。まぁ、当然か。前作のカンナの暗記モノの難易度は酷かったしな。でも、アイリスのはやってて楽しかったし、さくら、織姫のはよく作られてるなぁって思ったし、出来は良かったです。ミニゲームなんだし、これくらいでいいんでしょうね。

 で、最初に述べたように、これで俺はサクラ大戦2卒業となります。今までお世話になりました。結構楽しめたし、ブログでこうやっていろいろと記事にすることもできたし、ミニゲームも達成感があったし、俺は満足です。シナリオはあまり良いとは言えないものでしたが、それについてはもういいでしょう。サクラ大戦は、メインの大きなシナリオよりも、特定のキャラとの会話のやり取りでニヤニヤするゲームだと思います。

 でもね、何度も、ほんっっっっっとうに何度も言わせてもらうけど、マジでロード地獄。PSP版で2をやろうって人はホントそれだけは覚悟しておいてください。マジでこれに尽きます。あと、セリフの音量にムラがあったりするのも×。もっとスムーズに移植してほしかった。

 以下、一部のご褒美絵の紹介です。これからやろうって人は見ちゃダメ。
続きを読む
03:58 | サクラ大戦2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

そういやフローラン・ダバディさん消えたな…いや特になんとも思わないけど

 ウイイレおもしれー!!

 とりあえずwikiに置いてあった神データを当ててからMLを始めることに。それにしてもこの速さでエディットデータを作り上げるとは、素晴らしすぎます。ありがとう作った人。画像とかは2009と同じので何とかなりそうだけど、まぁそういうの抜きにして、この速さでこの対応はホント、頭が下がります。

 で、まずはチームセレクト。強豪チームを選んで最初から優勝争いに絡むのもいいですが、やっぱり最初はいつものメンバーで行こうかな!ってことでPESユナイテッドを選択。メンバーはカストロとかミナンダとかのあいつら。レベルはスパスタ。

 ちなみに、PESユナイテッドという名前が気に入らなかったのでとりあえず「すみれさん同好会」に変更して始めることに。うん、なんていうかもう、ね。わかってるから何も言わないで流してください。

 で、数戦こなしてから思ったけど、スルーパスが通らない。グラウンダーも浮き玉もどちらも全然通らない。特に浮き玉は2009では鬼の強さを誇ってて、俺もガンガン利用していただけにこの変更は戸惑います。なんていうのかな、スルーパスにすると、いつものパスよりもスピードが落ちたり、伸びすぎたりっていうのが多いですね。あと、スルーパスを出すと、出された側の選手のマーカーが積極的にインターセプトを狙ってきますね。

 まぁそんなこともあって、ぜんぜん勝てず。移籍のやり方もよくわからず、結局は大した補強もできぬまま1シーズン目が終了。順位は二桁でした。。。 なんて屈辱。終盤疲れて、試合を「コーチにお任せ」にしたら引き分け二つであと全部負けという酷い戦績を残してくれるし。役立たずなコーチだ。

 で、二シーズン目に入る前に下部組織から数人を昇格させ、また、安くてそれなりに使えそうな選手も数人獲得。それと同時に開始当初のメンバーの多くに移籍の話が舞い込んできたのでほぼすべてに同意。試合で活躍した選手に移籍話が多く来るようになっているのはいいことですね。

 まぁそういうことをしてなんとかこのシーズンで昇格を決めることができました。最終順位は二位。まぁ、まずまずでしょう。

 そして新たに選手を補強し、スポンサーも二つ付いたので、そのお金でスカウトのレベルも4まで上げ、万全の状態で一部リーグに挑むことに。ちなみに俺がやってるのはイングランドプレミアリーグです。

 ってな感じで、結構なペースで頑張ってます。初戦のリバポを2-0で撃破して余裕こいてたらシーズン開始に獲得したチーム1,2を争うフォワードが全治5か月の怪我とか、いろいろ苦難はありますが、楽しんでます。

 勝てるようになるまではすごいつまらなかったんですが、それなりに点が入るようになれば段々と面白くなるはずです。今作は中央突破がかなりできなくなって、逆にサイドからのクロス、とくにアーリークロスをドンピシャヘッドで得点ってパターンが非常に多いです。もっと能力の高い選手をとれば中央突破もできるようになるんでしょうかね。

 と、文脈もへったくれもない感じで書き連ねてきました。ゲームやり過ぎて頭痛いし、気づいたらこんな時間なんでもう寝ます。サクラ大戦2の感想はまた後日。
07:17 | ウイイレ2010 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。