--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

劇終

 サクラ大戦のミニゲーム一通りクリアしたよー!

 いやぁ、まさかの花札8連戦。きつかったです。

 そもそも花札のルールがわからない。PSPの画面の小ささのせいでどの札に何が描かれているのかきちんと把握できず、絵の意味が理解できない。そして役もいまいちわからない。結局Wikipediaと花札の絵柄が描かれているサイトを見て地味に勉強した後に挑戦。1時間半以上かかるも何とかクリアとなりました。残機9からスタートして2回やられつつも花組最後のさくらをクリア、これでクリアと思いきやあやめさん登場してさらに2回やられる。やっとのことで勝つとまさかの殺女登場とかもうね。まさかミカエルとまで戦わなきゃいけないのかと思ったけどさすがにそんなことはなく。

 ちなみにこの8連戦、紅蘭との花札とはルールが微妙に違い、持ち点制になってます。あらかじめ自分と相手それぞれに点数が用意されており、その点数を役の点数で削っていって、相手の持ち点を0にした方が勝ち。相手の持ち点は勝ち進むにつれて2ずつ増えていき、あやめさんに至っては20点でした(自分は最初から最後まで10点)。で、一応制作側の優しさとして、一回やられるごとに2ずつ相手の持ち点がデフォルトから引かれた状態でリベンジできるようになっています。つまり、あやめさんは結局のところこちらが持ち点10なのに対して16の状態の時にクリアしたということですね。でもって最後の殺女は持ち点1対1の緊張のバトルでした。うん、これは良い演出。でもラスト一機で挑戦してここで力尽きたら当分やる気は起きないだろうなぁ。

 そして、クリアしたにもかかわらずクリア特典は個別に各キャラと花札の対戦ができるようになったということだけ。マジかよ、俺はてっきりCGギャラリーが見れるようになるのかと思ったよ。っていうかこのゲーム、CGギャラリーがなかよ!どうなの?ギャルゲーとしてどうなのこれ?

 まぁそんなわけでね、ようやくサクラ大戦を終えることができました。やったね俺!もうこのゲームをやることはないでしょうが、まぁ数カ月先の自分の心境なんてわからないんで、やるかもしれませんね。そん時はまた別のキャラのエンディングを見たいと思います。それよりも俺はサクラ大戦2を始めたいですね。気が向いたら。

 にしても、久々にこれだけ楽しめるゲームを買ったような。っていうか、俺が飽きずにここまでやりきるゲームってのがまず凄いですね。やっぱブログにネタとして書けるっていうのが結構大きかったのかもしれません。ウイイレは毎日のようにやってますが、ネタとして書くようなことはあまりありませんから。カテゴリにゲーム名として追加されたのもこのことについて書くことのできる記事が多かったからだろうし。

 それではひとまずサクラ大戦の話題はこれにて幕引きです。お疲れ様でした。



 後日追記

 そういや、今日サクラ大戦やってて、自室で寝ようとしたらミニゲームが始まりました。初詣にやった射撃のやつが。95点以上が目標。まぁ一回目であっさりと98出してクリアしたので無問題。ちゃんと絵も見れました。ってわけで、これで本当にミニゲーム完全制覇ってことですね。
スポンサーサイト
03:45 | サクラ大戦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

サクラ大戦ミニゲーム さくら・紅蘭・マリア編+α

 案外あっさりとこの記事が書けるようになってしまいました。はい、さくらのミニゲームをクリアしました。その勢いで残す二人のミニゲームもクリアし、これでこのゲームを一応はクリアしたと、そう思ったのですが……。詳しくは後で話すとして、とりあえず先に各キャラのミニゲームの話。



 ■さくら

 障害物をかわしながらゴールを目指すだけの単純なゲーム。ゴールさえすればイラストを見ることができます。が、これが予想以上に難しく、昨日言ったように割と手を焼きました。もちろんクリアはしましたが。
 DVC00007.jpg

 まぁ、結局のところ慣れですね。進んだ距離をちょくちょく確認しつつ、そろそろ一本道がくるなとか、ここはネズミが直進してくるから気をつけようとか考えながらやられては覚えてを繰り返しました。とは言っても、わかっちゃいてもよけられない場所があったりして、きつかったです。個人的にはLを左右に90°回転させたような障害物がいくつか連続である場所。ふと行き止まりの方を選んでしまうことが多発。バカみたいにやられまくりました。

 にしても、ラスト直前のあのネズミの大編隊は卑怯だろ。一度は必ず死ぬレベルでしょあれは。俺の↑のデータは一回記録を消去しちゃったんで死んだことにはなってませんが、もちろん俺もあそこはやられました。あれ考えた奴は正確悪いと思う。まぁ、最後にでかいハードルがあるっていうのはおもしろいと思うんですけどね。

 ■紅蘭

 花札。3回戦やって自分の得点を20点以上にすれば目標達成。初期ポイントは10点。ぶっちゃけ花札とかルールをいまいち理解していなかったんですが、まさかの一発クリアw やべぇっすww 完全に運っすwww

 ■マリア

 料理を作ります。タイミングを合わせてニンジンを均等に切り、調味料の量を暗記して味を整え、ボタン操作で火加減をいい具合にします。これらの過程をマリアがそれぞれ判定してくれて、総合で90点以上を出せば目標達成になります。

 今までもシナリオモードでフツーにこのミニゲームはやってきたので、ニンジンを切るところはほぼ完璧です。調味料の暗記は当然のように携帯電話の動画撮影機能に任せ、火加減の調節はガチで。こんな感じでやって2回目で90ジャストを叩き出してクリア。ニンジンと調味料の部分がそれぞれ100点だったので火加減の部分が70点台だったけど何とかいけました。

 そして、予想外のマリアの姿に少し心がときめいた……。

 まぁ、気になったんならやってみればいいんじゃないかな!



 と、こんな感じで各隊員のミニゲームをクリアしたんですが、ふとあやめさんの部屋に行くと、彼女がクイズを出して、それに10問連続で正解したらいいことを教えてくれるとのこと。おそらく一定数のミニゲームで目標を達成したら彼女のミニゲームのフラグが立つようになっていたんだと思われます。というわけで挑戦したんですが、わかる問題は余裕、だけどわからんもんはわからんってな具合に。いや、地理的な単語(浅草とか日本橋とか銀座とか)は、文章を見ているけど読んでないというか、頭の中に入ってなかったんできつかったです。花の名前とかも俺にはわからんよ……。まぁクイズゲームなんて場数を踏みゃいけるんで、その通りゴリ押し余裕でした。

 で、このミニゲームをクリアしたんですが、そしたらあやめさんが「これは初心者レベルの問題、いいことを教えてあげられるのはこの上級者レベルの問題を解けたらね。でもその前に紅蘭のミニゲームで目標達成してこい」とか言いやがりまして、俺は紅蘭のミニゲームはクリアしてるのでそのまま上級問題に臨んだんですが、これはマジで上級問題でした。一発目の挑戦でクリアした奴なんているの?って感じです。確かにストーリー上で説明されていた部分なんだけど、そんな些細なこと覚えてられっかっていう問題がちらほら。カンナの誕生日とかすっかりだぜ……。でもやっぱ所詮クイズゲーム、何度もやってクリアしました。

 で、上級問題をクリアして、さぁいいこととやらを教えてもらおうかとなったらあやめさんが「よし、わかった、じゃあアタイについてきな」→ついていく→なぜか華撃団の隊員勢ぞろい→あやめ「今から花札大会やりまーす!v」→花札で隊員全員に勝て!しかも一人に勝つとすぐに二人目が登場するというめんどくさい方式。一人に勝つごとにセーブとかぬるいことはさせてくれません。残機は9からスタート。

 ってところで今止まってます。正直めんどくさい以外の何物でもないんですが、これをクリアしてこそミニゲームを制覇したといえるのは火を見るより明らか。もちろんやってやりますよ!

 そういうわけで次の更新はミニゲーム制覇したあかつきに書こうと思います。

 では、おやすみなさい。
03:52 | サクラ大戦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

サクラ大戦ミニゲーム すみれさん・アイリス・カンナ編

 二周目クリアーしました。お疲れ俺。相変わらずラスボスは地味な強さでしたけど、何とかいけました。そして念願のすみれさんエンド……!!えぇ、堪能しました。

 そしてふとサウンドテストを見るとすべて聴けるようになってました。ってわけで残すは個別エンドのムービー4人分となりました。

 が、もちろんそんなもん全部やってられないのでとりあえず各隊員のミニゲームをクリアしてそれぞれの絵を一枚ずつ見て終わりにしようと思いました。

 ってわけで以下ミニゲームの話。

 ■すみれさん。

 機雷をかわしつつプールの反対側まで行くのが目標。目標タイムは20秒以内。これはちょっと頑張ればいけました。ポイントは横移動すると縦に進みづらくなるのでなるべく直線に進むということですかね。機雷の配置がいやらしい場合は再挑戦です。自分は最高タイムは18秒前半でした。

 これをクリアするとすみれさんの大胆な水着姿が……!うふ、ふふふ……。

 ってわけでさっさとクリアしましょう。

 ■アイリス。

 帽子、服、靴をスロット形式で組み合わせて高得点を狙うゲーム。スロットを回す回数は10回で、目標点数はその合計が300点以上。これ、ガチでやろうとしたら無理でした。帽子と服を何とかハズレ(怪獣のコスプレとハゲ親父のコスプレ)以外のものにするように心がけるんですが(靴はハズレでも何とかいける)、無理。ちょっとした反応の差でハズレになってしまいます。

 なのでここはちょっと卑怯な手を使いました。

 あのスロット、回し始めてからすぐにボタンを押して止めれば、最初に止まっていた絵柄の一つ上の絵柄で止めることができます。一つ上の絵柄は止まっている状態でも見れるので、それがハズレじゃなければスロットを回してすぐに止め、ハズレなら少し時間を空けて止める。こうすることで割と安定します。あとは反射神経と運です。自分は330点ぐらいでした。

 ■カンナ。

 9人の迷子の名前を覚えて保護者が名前を呼んだらその子を選ぶゲーム。お手つきは3回までで目標タイムは1分ジャスト。鬼です。今のところ上で挙げた2人とカンナの計3人のミニゲームをクリアしましたが、これが一番きつかったです。

 何がきついって、9人の迷子の名前は3人ずつに分かれて表示されるんですが、それぞれ2秒くらいしか表示されません。つまり3人の名前を2秒で覚えることになります。それが間髪を置かず3回続きます。もちろんポーズなんてできません。正直全員の名前を覚えるのは不可能です。少なくとも俺は無理でした。

 しかたがないので名前の一文字目だけ覚えることにしました。ゆういちなら「ゆ」、ともこなら「と」といった具合に覚えるわけです。9文字とその対応する場所を覚えるだけなので何とかいけそうです。でも無理でした。

 というのも、迷子の子供の名前が結構似てるからです。一文字目がかぶるなんてのはザラで、酷いときは3人一文字目がかぶりました。子供の見た目と名前から男と女なら何とかなりますが、同姓だった場合はお手上げです。運です。少し待てば保護者から服装のヒントをもらうことができますが、そんなものを待っていたら一分は過ぎます。それにしても、まさみちとまさみが一緒になって迷子になるとかわかりづらすぎだろww

 覚えるのは無理と踏んだので、次は紙にメモることにしました。といっても表示時間は2秒なので、とりあえず一文字目だけメモって、時間が空いたら二文字目もメモる、とやってみます。しかしこれもいけません。一分が切れません。その理由として、ウザい保護者がいることが挙げられます。第一声に子供の名前を言ってくれる人は最高なのですが、「うちの子供を探してくれ」とか言われても困ります。だからさっさと名前を言えと、って話です。最悪なのは第一声に名前を言うけど、その名前は実は保護者本人の名前で子供の名前は後からしゃべるタイプです。お前の名前なんか聞いちゃいねぇっての!このフェイントのせいで、居もしない名前の子供を探したり、偶然一文字目が同じ子供を選んでお手つきを喰らったりで、大きく時間ロスしてしまいます。

 挑戦回数が20回を超えたころ(回数はメモった紙にて確認)、もういい加減嫌になってきました。最高で1分0秒41です。もう無理です。限界です。

 というわけで科学の力に頼ることにしました。携帯電話です。が、写メは一枚撮るごとに保存云々を聞かれ、3回連続で撮影が必要なこのミニゲームは無理臭いです。なので今回はムービーを撮ることにしました。

 ムービーを撮り、それを頼りに名前を紙に写します。一文字目が同じ子供はフルネームで書き、そうでない子供は一文字目だけ書きます。そのあとひたすら詠唱を繰り返し暗記でなんとかいけました。

 DVC00006.jpg

 (※第弐位は最初から登録されている記録)

 正直叫びました。これは嬉しかったです。ご覧のように思わず写メるほどです。

 それにしても、俺は卑怯以外の何物でもないやり方でクリアしましたが、これ紙にメモることなく完全に自分の記憶力だけでクリアした人はいるんでしょうか。その人は流石です。少なくとも俺から見たらすげーです。

 というわけで上記三人はクリアしました。あと三人です。今はさくらをクリアしようとしてるんですが、無理です。まぁこの話はクリアしたら書きます。逆に言うと、クリアしないと書けません。

 では寝ます。
04:54 | サクラ大戦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

マリアのミニゲームが超苦手なのは俺だけじゃないはず

 アイリスとのデートって、行かないこともできたのかー。

 というわけで、相変わらずサクラ大戦の話題です。にしても、へぇ~。でも、行かないでいても特に他のキャラの信頼度が上がるわけでもないし、メリットがありませんよね。別データで一回確認しとけばいっかー程度。

 そういや、これバグ?っていうのを三つほど見つけたんですけど。

 一つ目。

 刹那(だっけ?あの死天王のチビで、声が石田彰さんのアイツです)がメインの回ありましたよね。で、刹那って、顔の、両目から下に数センチ程度の赤いライン(傷?)みたいのがあるじゃないですか。でも、その回の絵ではそのラインの色が緑になってたんですよね。ただの塗りミスかな。

 二つ目。

 物語の序盤、紅蘭やカンナがまだ花組に合流していない段階での戦闘パート突入時、「帝国華撃団、参上!」の声に、紅蘭とカンナの声がまじってるっぽい。紅蘭はわかんないけど、カンナは混ざっている気がする。俺の聞き間違いですかね。

 三つ目。

 大神さんのかばうコマンドについて。敵が一定範囲の全体攻撃をした際、大神さんと、かばうコマンドで選択したキャラが同時に攻撃範囲内にいた場合、どちらもノーダメージになります。本来かばうコマンドとは、かばわれる側のキャラがダメージを受けそうになったとき、大神さんがかばってくれて、かばわれたキャラはもちろん、大神さんもノーダメージというものだったはず。でもこの場合、敵の、かばわれた側に対する攻撃はきちんと行われているのに、大神さんに対する攻撃が行われていませんよね。まぁ、「大神さんがキャラをかばいに行ったんだから、大神さんが最初にいた場所にはもう彼はいないことになり、攻撃されない」っていう仕様なのかもしれませんけど。

 以上です。まぁ、それがバグだとして、だからなんだって話なんですけどね。

 あぁ、ちょっと前の記事で、「サクラの体を調べるシーンで、いろんなところ調べても話が進まなかったから仕方なくごにょごにょを調べたらあやめさんに叱られた!不条理ニダ!」って文句言いましたが、フツーにごにょごにょを調べなくても話が進みました。あはは、まいったなぁ、これじゃまるで俺が変態みたry

 えーっと、とりあえず今日はこれくらいです。今九話なんで、そろそろ二周目も終わりそうです。頑張るなぁ俺。実家で。
02:01 | サクラ大戦 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

イベントを見たいだけのキャラとの初詣であろうと射的で手を抜かない。それが俺のジャスティス!

 サクラ大戦、プレイ時間は20時間を越えました。やっぱスリープモードの時間も入っちゃうみたいですね。俺そんなにやってませんもん。多分、スリープモードにするタイミングが悪いとスリープしてる間もプレイ中とみなされるっぽいです。どのタイミングかは不明ですが。

 まぁそんなことはさておき、ついに!ついに!!!
続きを読む
04:05 | サクラ大戦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。